妊娠・出産・育児の情報サイト


行こうよ家族旅行!育児家事を頑張り妻にプレゼン、現地では子どもからサプライズ!

f:id:akasuguedi:20160313101924j:plain

私ども夫婦はできちゃった婚だったので、結婚も式も旅行にも行けておらずでした。

子どもが1歳になった頃、妻に

「子どもも落ち着いてきたし、そろそろ旅行にでもいこうか?」

と言ったところ様子が一変。

「どこが落ち着いたの?あなたはいいわよね。あなたはなにもやらないからわからないのよ。夜泣きしても………」

10分後…うなだれた私は、部屋の隅でペットのうさぎに慰められてました。

 

私はそれから1週間、頑張って家事や育児に精を出し、改めて妻に

「毎日ほんとお疲れさま。今回いい機会だからせっかくだし旅行に行こう。子供も喜ぶし」

「………最初からそうやって言ってよ。ほんとわかってないよね」

と文句を言われながらも、なんとか旅行の承諾を得ました。

 

それから、子どもが風邪をひかないように空気清浄機をフル回転させ、私たちもマスクをしながら生活しました。

そして当日。

「お腹痛いなぁ」

…まさかの妻がレディースウィーク。

軽くグロッキーな状態ながら、伊豆下田へ出発。

若干不機嫌な妻を気遣いつつ、忘れ物もトラブルもなく無事に電車に乗り込みました。

 

電車のなかでは妻から許しをもらい、プシュっとビールを。

ほろよいで家族楽しく下田に向かいました。

子どももすやすやと眠り、あっという間に下田に到着。

駅に着くと宿の人が駅まで迎えに来てくれて宿にも無事到着。

落ち着きのある宿で、子どもにもかなり気をつかってもらいました。

部屋には客室露天があったので一緒に入り、そのあとはまわりを散策。

夕日がとてもきれいで、本当に来てよかったなと思いました。

 

部屋に戻りごはんの時間を待っていると、子供が興奮気味にテーブルにつかまってダンスしていました。

「おっ、喜んでる」

ご機嫌でよかったと夫婦で眺めていたら……

んんん???

あ、歩いてる??っていうよりも走ってる!

なんと、初めての一人歩きはダッシュ。

 

僕と妻は顔を見合わせ、急いでデジカメを手にとろうとしたのですが、時すでに遅し。

疲れたのかなぜか座ってしまいました。

それ以降あそこまで興奮することも走ることもなかったです。

ですが、そのあとごはん食べてるときも寝る前もずっとニコニコしてくれて、とても楽しい旅行になりました。

ごはんもとてもおいしかったし、妻もそれなりに満足してくれたと思います。

 

あの走ってる姿を写真に撮れなかったのがとてもくやしいです。

旅行や遠出はなかなかできなくても、常日頃から子どもの成長を感じながら生活していくのは、父親にも子どもにも大事で幸せな時間です。

疲れていても声をかけたり抱き締めたり、この成長の過程を楽しんでいきたいと思います。

あと妻への気遣いも忘れずに…。

f:id:akasuguedi:20160313101850j:plain

著者:かず
年齢:27歳
子どもの年齢:5歳

はじめまして、かずと申します。妻と娘の3人家族です。最近娘がひらがなをかけるようになり私の名前を一生懸命書いているのをながめるのが好きです。趣味はバスケでぜひ娘にもやらせたいと思ってます。よろしくお願いします

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。