妊娠・出産・育児の情報サイト


1歳の娘と電車で7時間の旅。寝かせるにも、飽きたときも、覚えたての◯◯◯が有効!

f:id:akasuguope03:20150920193330j:plain

夫の実家の島根へ、娘を授かってから初めての帰省をしてきました。

神奈川から島根へは電車で7時間ほどかかります。

飛行機も考えたのですが、値段が大きく違う上に、家から空港、空港から夫の実家までかかる時間は電車とそれほど変わらないので、電車で行くことにしました。

この時娘は1歳2カ月。

ようやく手を繋ぐと歩けるようになったばかりで、まだまだ移動はハイハイでした。

 

とにかく、当日持つ荷物は徹底して減らしました。

お土産、レトルトの離乳食、着替えなど移動当日にいらないものは出来るだけ宅急便で先に夫の実家に送りました。

おむつは夫の実家についてから買いました。

 

そして、出発当日。

朝の通勤ラッシュの終わりかけの頃に電車に乗りましたが、思っていたより混んでいました。

私がベビーカーをたたんで持ち、夫が娘を抱っこして、荷物を持ち、新幹線の駅まで行きました。

娘は物珍しさも手伝ってあまり愚図らずにほっとしましたが、大荷物なので肩身が狭いことには代わりはありませんでした。

 

新幹線に乗る前に、待合室でできるだけ娘を歩かせました。

あんよで疲れさせて、新幹線に乗っている間は寝かせてしまおうという作戦です。

 

新幹線に乗ってみんなで家から持ってきたサンドイッチを食べました。

娘の好きなバナナサンドでご機嫌でした。

その後、音の出ない玩具で遊んだり、オヤツを与えたりしたのですが、興奮しているせいか、一向に寝ません。

愚図りだしたので、少し手を繋いで車両の通路を歩かせました。

新幹線が空いていて助かりました。

 

岡山の駅で新幹線を降り、在来線に乗り換えます。

まだあと3時間はかかります。

岡山の駅には授乳室があるので使わせてもらいました。

授乳室というよりは救護室といった感じで、とても落ち着くことができました。

在来線では少し寝てくれました。

 

夫側の祖父母は大変娘を可愛がってくれました。

いろいろ大変だし、不安もありましたが、頑張って行って良かったと思いました。

娘はこの旅行で歩く楽しさに目覚めたらしく、帰宅して程なくしてから移動手段のあんよとハイハイの比率が逆転しました。

f:id:akasuguope03:20150920184549j:plain

著者:ぽよん
年齢:32歳
子どもの年齢:1歳4ヶ月

餡子が大好きです。特に濾し餡派です。大福もお団子もオハギも濾し餡一択。濾し餡の鯛焼きが無くて鯛焼きメーカーを買って自分で濾し餡の鯛焼きを作るくらい大好きです。なんでこんなに美味しいのかしら。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。