妊娠・出産・育児の情報サイト


緊急帝王切開

f:id:akasuguedi:20160409024333p:plain

36週目に入った頃から、体調が急に悪くなり、それまで吐いたこともなかったのにいきなり吐き気

自分で色々調べて後期つわりかと納得させて、それでも37週目に入った時にはどうにもならない吐き気に検診の時に相談。

NSTでお腹の張りが相当強く、先生も陣痛が来てるのかも?と。

骨盤が開かなかった為、急遽帝王切開が決まった。

その日の夜に手術する事になったのだが、正直それまでは自然分娩で産むつもりだったので、心の準備もそこそこに手術台へ。

手術自体はすんなり予定通り終わり、終わったのが夜中だった事もありそのまま寝ようと思ったのだが、看護師さんが

「小児科の先生からお話が…」。

どうやら赤ちゃんも下から出る気でいたのに、急に表に出されたものだから呼吸の仕方が分からず呼吸障害が、と。

出産した病院にはNICUが無く、NICUのある病院に搬送したいとの事。

命には別状はありませんからと聞いた時には心底ほっとしたが、それでも不安で眠気も吹っ飛び、手術後の痛みもあってその後一睡も出来ず。

次の日は術後とあって身体を動かす事もままならなかったので赤ちゃんに会えたのは更に次の日。

会えた時は保育器の中で、それでも安らかに眠ってる姿にやっと一安心。

先生も丁寧に優しく説明してくれたので色んな不安も無くなり、その後1週間後に無事に退院。

そろそろ6ヶ月になろうとしているが、退院した時から今まで何事もなく、元気に育ってくれてる事に感謝してます。

著者:あゆみ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。