妊娠・出産・育児の情報サイト


パパの仕事場を訪問!1歳息子の目のつけどころにビックリ、ある意味「大物」かも?!

f:id:akasuguope01:20160223231132j:plain

主人の会社を訪問できる「ファミリーデー」がありました。

会社訪問をする家族は、入り口で受付を済ませて会社の中へ。

あとは開放されている区画を自由に見学できます。

息子と私は、主人の案内で会社訪問をスタートしました。

 

人の多さに圧倒されたのか、息子は『抱っこ!』と、ひと言。

抱き上げると、私の胸に顔をうずめておとなしくしています。

ファミリーデーのイベントで音楽やゲームなどを楽しめる会場もありましたが、息子は無関心。

私だけが大喜びで周囲をきょろきょろ見ていました。

 

そんな息子が動きを見せたのは、社員食堂のフロアでした。

息子は『ここだ!』とばかりに抱っこを降りて歩きだしました。

野生の勘を発揮して、息子は迷うことなく食堂へ直進。

そしてメニューサンプルケースを見つけると、立ち止まりました。

じっと凝視する息子。

「今日は何食べようかね~」

と、笑いながら話しかける主人。

すると息子はサンプルケースに手をつき、顔をガラスにくっつけてさらに凝視。

本気で選んでる…。

どれだけ食に対する関心が強いのか…。

ガラスケースの中に入っていなければ、メニューサンプルを食べていたに違いありません。

 

サンプルケースから息子を引きはがし、次は主人の部署があるフロアへ。

「ここで仕事してるのかあ」

と興味津々の私に比べて、息子はローテンション。

食べ物のない場所では、ひまそうにしています。

主人が息子に「パパの席に座ってみる?」と声をかけました。

会社のパパの席に座る息子!ここは写真撮影だ!と、張り切る私。

けれど息子は椅子に座るやいなや、嫌がって降りようとします。

なんとか写真を撮りましたが、イマイチ。

先ほどの食堂での食いつきっぷり、今こそ見せて欲しいのに・・・。

 

息子は主人の椅子を降りると、きょろきょろとまわりを見ながら歩き始めました。

そしてデスクの間をくまなく歩いてパトロール。

ゴミ箱までのぞきこんでいます。

 

そうして息子がたどりついたのは部長席。

椅子が空いているのをいいことに、すかさずよじ登ります。

のんびり屋の息子が、こんなときには親もびっくりの素早い身のこなし。

「あっ!」

と思ったときには、席を陣取りご満悦です。

主人の座席に座るのを、あんなに嫌がったのがうそのよう。

平社員の椅子には興味ないですか・・・。

 

そこへ部長が戻ってきました。

「おっ!」

と、自分の椅子に我が物顔で座る幼児に驚いています。

恐縮する両親を横目に、にっこり笑顔で愛嬌を振りまく息子。

「いやあ、かわいいな」

と、部長は息子を抱き上げてくれました。

取り入る相手を心得ている…。

息子、出世街道を爆走中。

部長はしばらく息子の相手をしてくださり、息子もキャッキャと喜んでいました。

 

結局、息子が喜んだのは、社員食堂のメニューと部長席。

『パパのお仕事』には無関心でした。

息子がこの先、どのようなことに興味を持ち、どのような仕事に就くのか楽しみです。

もしサラリーマンになったあかつきには、部長席に座ることはできるのでしょうか。

頑張れ、息子。

f:id:akasuguedi:20160319132253j:plain

著者:シュガーバイン
年齢:30代
子どもの年齢:3歳

元気いっぱいの息子に、毎日振り回されつつ子育て中。「ママ、好き!」の言葉で、今日のイライラも疲れも吹き飛びます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。