妊娠・出産・育児の情報サイト


結局徹夜になってしまった。

出産日の前日の早朝少しおなかが痛いと思い陣痛のカウントをしたら10分間隔だったので病院に連絡したところ『来てください』とのことだったので、入院準備をして病院に向かいました。

予定日を5日過ぎていたので陣痛がきたのがとてもうれしく思いました。

病院につくと痛みが治まってきましたが、内診をしてもらったところ高位破水をしているということで入院になりました。

高位破水しているなんて自分では全然気付きませんでした。

ただおしるしのようなピンク色のおりものが、多くでていたのであとから考えると高位破水のせいだったのかもしれません。

 

その後入院手続きを済ませ入院して陣痛室にて夫と過ごしていました。

陣痛の間隔は長くなりその日中には産まれなさそうと助産師さんにも言われ、明日になるかなと自分でもおもっていたため、その日の昼間は夫と話したりして全く睡眠をとらず過ぎていきました。

あまりにも陣痛が強くならないので夕方夫には帰宅してもらいました。

しかし、20時くらいから徐々に陣痛の間隔も短くなり痛みも強くなってきて一人でいるのは不安になってきました。

 

21時になり心にも余裕が少なくなったころ助産師さんに夫を呼んでみてはといわれ、電話をしきてもらう事になりました。

夫は次の日に備えすでにベッドで寝ていたようで寝ぼけた声でしたが22時くらいには病院にきてくれました。

その頃には余裕も無くなり熱っぽくいたいのと熱いので余裕がなくなってきていましたが、まだ子宮口は7㎝ほどで、夫にうちわで扇いでもらったり、腰をさすってもらったり、飲み物を飲ませてもらったりしてだいぶ助かりました。

早朝から全然寝ていないため、うとうとして寝ていると陣痛がやってきて、うっと呻いたりして起きてはうとうとするのを繰り返していたそうです。

 

午前2時半くらいにようやく分娩室に入り、そこから約2時間陣痛室と同じように面倒を夫に見てもらい陣痛に耐えることができました。

午前4時半ごろ息子がようやく産まれてきてくれました。

とても長い一日で、久しぶりに徹夜をしましたが出産で少しハイになっており、病室にもどるまで眠気は感じませんでした。

 

やはり出産時に夫が隣にいてくれるのは非常に心強く、人見知りな性格の私にとっては甘えられる夫がいないとどうなっていたのだろうと想像がつきません。

立ち会い出産をして本当によかったと思っています。

 

著者:とらいこまにあ

35歳で初産。

妊娠中は妊娠糖尿病になったが、産まれて来た子は比較的小さめで低血糖にもならず元気でした。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。