妊娠・出産・育児の情報サイト


7カ月の次男、結婚式でとんでもないいたずら!友人代表挨拶の大役を終えて戻ると…

f:id:akasuguope01:20160223234020j:plain

次男が7カ月の時、友人の結婚式に招待されました。

次男も同伴。

ドレスアップして次男を連れて行くのだけでも不安なのに、友人代表挨拶という大役を任せられることに…。

泣かないかな?

テーブルの料理やグラスをひっくり返さないかな?

友人代表挨拶の前に母乳を飲ませなきゃいけない…

などの不安で、頭はいっぱいに。

 

披露宴が始まり、大きな音響にびっくりする次男。

周囲をキョロキョロします。

暗くなるとそわそわして落ち着きません。

これは、やばい…と思った私は、バッグからお菓子を出しました。

最初は嬉しそうに食べるも、やはり周囲が気になり落ち着かない様子。

私も、自分の順番がいつになるのかわからない状況で胸がドキドキ。

腕の中でそわそわしている次男を連れて、そのまま逃げ出したい思いでした。

 

そして、心の準備も、次男を預ける準備もできていないまま私の出番が!

突然すぎて、冷や汗が止まりません…。

緊張のあまり、次男を預ける約束をしていた友人の席をスルーしてしまった私。

途中で気付き、戻ろうとした私に、前方に座っていた女性の方が声を掛けてくれ、次男を抱いてくれました。

どうにか、冷静さを保とうと深呼吸。

手紙を読んでいても、次男がそわそわしているのが気になりました。

抱いていてくれている女性の髪の毛を触って遊んでいる姿が目に映ります。

この手紙を読みながら泣いている予定だったのですが、次男が気になり涙も出ません。

気になってチラチラ見ていると、とんでもない光景が…!

綺麗にセットしていたはずの女性の髪が一部、ぴょ~んとはねあがっていました。

内心、やばい!と焦る私。

スピーチが、早口になってしまうのが自分でもわかりました。

 

挨拶が終わり、急いで次男を抱える女性の元へ。

女性の方に、「すみません」と何度も頭をさげました。

挨拶が終わってほっと一息。緊張から解放されていきました。

結婚式が終わり、友人と帰ろうとした時、

「肩に何かついているよ!」

と取ってくれました。

よく見ると、まさかのつけまつ毛!

あわてて自分のまつ毛を確認しましたが、ちゃんとついていました。

「私のじゃないよ~!」

と大笑いした私ははっとしました。

思い返してみると…。

本当に大変なことをしたことに気付き、披露宴の会場にダッシュ!

私の出番の時に、次男を抱いてくれていた人を探しても見当たらず…。

 

きっと、次男が女性のつけまつ毛を取ってしまったのだと思います。

片方だけついているつけまつ毛…。

あの女性はそれに気がついた時、ショックを受けたに違いありません。

親切にしていただいたのに、こんなことになってしまって、本当に申しわけない気持ちでいっぱいでした。

f:id:akasuguedi:20160319223638j:plain

著者:りけママ
年齢:28歳
子どもの年齢:長男4歳 次男0歳

毎日子育てに家事に追われていますが、子どもたちの笑顔に癒されます。大変ですが、楽しく明るいママでありたいと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。