妊娠・出産・育児の情報サイト


祖母のお葬式が終わってバタバタ出産!

f:id:akasuguedi:20160408221141p:plain

出産の時のおはなしです。

出産予定日が3月下旬といわれており、3月上旬の検診では

「頭がさがってきています、いつ産まれてもおかしくないでしょう」

といわれていました。

 

大好きな祖母が肺炎で11日に亡くなり、

「お通夜、お葬式で出産ってなったらどうしよう!」

とずっと考えていた矢先…。

お葬式の日の朝9時ごろ、破水らしきものが!!

 

(こんな時に限って…。病院いきたくないな)

と思いながらも、とりあえず病院に電話をしたら、

陣痛や出血はないんですよね?ないなら大丈夫です。何かあったらまた連絡下さい。」

といわれちょっと一安心…。

 

お葬式が無事終わり、怖かったので夜8時ごろ入院グッズを持って病院に連絡して行くことに。

病院について、とりあえず…と思いトイレにいくと、なんと出血!からの陣痛

そのまま出産になるということで入院になりました。

初めての出産と言うことでドキドキ…。

家族に連絡すると、10時半ごろ来てくれました。

 

陣痛も本格的になり始めて分娩室へ。

母が立ち会ってくれました。

私は陣痛がきても叫ばず、痛くても汗をかきながらうなるぐらいでした。

助産師さんは、

「お母さんが楽な姿勢でいいですよー」

と言ってくれたので、分娩台の上で横になる(右向き)体勢になりました。

そうすると助産師さんは、

「お母さん!左のかかとで私の鎖骨を蹴ってください!」

と言いました。

私は、

(何を言ってるんだ、この人は)

とびっくりしましたが、悪いなぁと思いながらも言うとおりにすると、少し楽になって赤ちゃんが降りやすい体勢にしてくれました。

もう本当にびっくりでした。

 

最初の陣痛から5時間くらい、夜中の2時半ごろに、2445gの少しちいさな女の子を出産しました。

先天性心疾患を持っていましたが、今では本当に病気もち?!っていうくらい元気に育ってくれています。

 

著者:ゆーたんまま

18歳で妊娠、出産。19歳のシングルマザーです。

先天性心疾患をもつ一歳の女の子と一緒に

病気と闘ってます!

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。