妊娠・出産・育児の情報サイト


検査の必要性

35歳で結婚したので、結婚してすぐ、検査をしてもらいました。

でも、最初に行った病院の検査内容が少なく、問題があったにも関わらず、1年以上異常なしと言われていました。

早く妊娠したかったので、本で調べ、不妊治療で有名な病院に転院。

細かな検査で、排卵障害、高プロラクチン血症、甲状腺機能低下症、更に、フーナーテストで抗精子症とわかり、薬物治療が必要で、また自然妊娠はとても難しいということがわかりました。

やっぱり、得意だと言われている病院がいいです。

転院して本当によかったと思いました。

結果、薬物治療で身体を整え、人工授精は一回目で妊娠。

現在順調に育っています。

著者:アルパカ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。