妊娠・出産・育児の情報サイト


産院決めと義母の思惑

f:id:akasuguedi:20160413143201p:plain

元々は旦那さまのすぐ側で二人三脚で育児をしたいという想いがあり、自宅近くの産院に通い経過を見ていました。

しかし、自宅のすぐ近所には義実家があり、私の妊娠を大変喜んでくれたのはありがたいのですが、妊娠報告以降何かに付け連絡をよこし、しまいには産院の検診にまで付いてくると言い出しました。

さらに、市内全ての産院の様々な口コミやデータなども次々と持ち込み、『行ってみたら?』だの『結局どうするの?』だの『◯◯◯病院にも行こうよ!』だの、メールや電話が来るように。

私にはそれが大変なストレスとなり、段々嫌気がさしてきました。

 

主人にもその経緯や気持ちを相談をし、結果的には地元の私の実家近くの産院に転院しました。

地元とは言え、車で一時間掛からない距離なので、毎度の通院も苦にならず負担にならず問題ありません。

さらに、診察には妊婦本人以外は基本的に誰も入れないという規則や、分娩時は配偶者以外立ち入り禁止、面会は実母と主人以外は3日目以降、など、世話好きな義両親と良い距離感が保てる雰囲気ですごく安堵しております。

 

産院選び、と言うと、施設の清潔さや医師のレベルなどに目が行きがちですし、確かに重要な確認事項ではありますが、私にとっては今回の産院がストレスを無くしてくれる最高の病院となりました!

著者:ゆかり

初めての出産を迎え、楽しみな気持ちと裏腹に、初孫を待ち望んでいた義両親との付き合い方という新たな課題や現実を突きつけられストレスが増えました!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。