妊娠・出産・育児の情報サイト


あれこれ揃えなくてもOK♪マタニティファッション&メイクで、出産に向けて気合い!

f:id:akasuguedi:20160324222028j:plain

初産で赤ちゃんを迎える準備にわくわく、マタニティファッションにウキウキ。

いつからお腹大きくなるのかしら?

外で『あ、妊婦さんだ』ってわかっちゃうようなお腹になるのが楽しみ!

…なんて能天気に構えていました。

 

お腹が大きくなるまでは、ゆるめの普段着ていた服を着ていましたが、いかにつわりに楽な服装をするかが大事で、オシャレは二の次でした。

気持ち悪いし、オシャレどころではない感じでした。

安定期に入ってつわりがやわらぎ、食欲とオシャレ心が復活します。

 

この時期、マタニティファッションを買いました。

買ったのはマタニティジーンズやレギンス、トレンカ、以上。

マタニティウェアはズボン類だけで大丈夫です。

その後おなかが膨らむ後期には授乳服が気になりだしますが、この時点ではまだまだ買わない方が良いと思います。

おっぱいって生まれたら絶対出るというわけでもないからです。

私はおっぱいが増えず、完全にミルクになりました。

ちゃんと出て必要性が増してから買うので十分です。

 

マタニティファッションってサイズ選びが難しいですね。

ズボン類は腹囲がタグに書いてあるけど、履いて見たらなんか圧迫されてるような気がしたり。

数字があんまりアテにならないので、かならず試着してから買いました。

スカートは寒いので、冬はオススメしません。

あんまり可愛いのは売ってませんしね...。

 

妊娠中はオシャレしにくい?!仕方ないです...。

でも人生1番ナチュラルに居られる時間ですから、楽しみたい。

そこで1番手をかけたのはメイクです。

丁寧にメイク、そしてチュニック、レギパンが私のユニフォームでした。

靴は柔らかいスエードのバレエシューズです。

それからお気に入りのバッグ。

 

産後はあちこち痛くてオシャレしにくいし、機能第一で過ごさなきゃいけないことが多いです。

だから妊婦のうちに好きなオシャレして、出産に向けて気合いれましょう!

でも私みたいにケチらないほうがいいかもしれませんね。

f:id:akasuguedi:20160316142742j:plain

著者:イシシ
年齢:28歳
子どもの年齢:5ヶ月

嫁いで2年目に初産を迎える。アバウトなO型主婦。けちんぼ。分娩台にあがる気力なく安静室で産む。立ち会い出産は超拒否派。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。