妊娠・出産・育児の情報サイト


え、そんなことまでする!? 難産の32時間に経験した、陣痛以外のあれやこれや

f:id:akasuguope01:20160223224346j:plain

予定日の次の日の朝、陣痛が5分間隔になり入院した私。

「夜には赤ちゃんと会えるかな~」

と気楽に思っていた私の予想は大きく外れました。

 

昼過ぎになってもまだ陣痛間隔は縮まらず、

「坐薬で一回お腹の中きれいにして、赤ちゃん出やすくしようか」

と先生から言われ、坐薬を投入。

(坐薬なんて中学生ぶりだ…。肛門に坐薬が入る感覚が気持ち悪いなー)

なんて思いながら待つこと数分。

効果があらわれたら陣痛よりも便意が勝ってしまうほどに…。

 

その日の深夜2時頃、陣痛が急激に強くなりました。

なんとか歩けるけれど、陣痛がくると腰を曲げてうずくまってしまいます。

助産師さんが来てNST(ノンストレステスト)検査と内診。

「子宮口は5cmってとこかな。このまま進めば朝には会えるよ」

もう少しだ!とやる気が出たのですが…。

 

朝になってもどんどん強くなる陣痛とは裏腹に、なかなか子宮口が開きません。

もしかしたら骨の関係で赤ちゃんが出にくいのかもしれないと、急きょレントゲンを撮ることに。

この時にはもう歩けないくらいの陣痛の強さで、車いすに乗って移動。

結果、尾てい骨が折れていて、恥骨が下がっているとのことでした。

尾てい骨は、赤ちゃんが産道を通りやすいように滑り台の役割をするのですが、折れていて、自力で降りてこないといけないので時間がかかっている。

恥骨が下がっているから出口が狭くなっているかもしれないとのこと。

その後、

「もう一回腸内をきれいにしておこうね」

と浣腸をしました。

(坐薬もしたのに浣腸まで!?)

と思いましたが、痛みが強くてそれどころではなく…。

なんとか車いすを押してもらってトイレまで行きました。

なんでこんな恥ずかしい思いまでしなくては…と痛みと戦うかたわら思っていました。

 

そうこうしているうちに陣痛から30時間が過ぎました。

助産師さんから、

「最後に出口を広げるために、中から恥骨を押し上げるね」

と言われ、開いている子宮口に手を入れられ、中から骨を押されました。

バリバリと音が聞こえるくらいの激痛が走り、思わずうめき声をあげました。

実際は押し上げているだけですが…骨がはがれる感覚があり、陣痛とはまた違った痛みに耐えなければいけませんでした。

 

その恥骨を押し上げている最中に、液体が流れる感覚が…。

破水したのです。

破水液の中に赤ちゃんの緑色のうんちが混ざっていて、

赤ちゃんがだいぶ弱ってるね…。陣痛間隔も短くなってるから、もう少ししたら吸引分娩するね」

と助産師さんから告げられました。

そうして入院2日目の15:55、32時間の陣痛を乗り越え、やっと出産の時を迎えたのです。

 

初めての陣痛は痛みと同時に、坐薬・浣腸・レントゲン・恥骨押し上げなど多くのことをされました。

痛み以外に恥ずかしさや不安、別の痛みと戦うことになるとは思いもしませんでした。

2人目出産はどうなることやらと、今からドキドキしている私です。

f:id:akasuguedi:20160330195153j:plain

著者:natsumiyako
年齢:27歳
子どもの年齢:息子(1歳5ヶ月)

好奇心旺盛なやんちゃな坊ちゃんを育てる1児の母。現在2人目の妊娠中。読書とお酒が好き。子育ての合間にライター、校正の仕事をしています。ドタバタだけど楽しい日々を送っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。