妊娠・出産・育児の情報サイト


産後うつになりそう…。家族皆がしんどくなってしまった、辛すぎる里帰り

f:id:akasuguedi:20160408221141p:plain

出産、しかも初産となると不安だらけですよね。

私の場合、産後は私の実家で約2週間お世話になりましたが、想像をはるかに超える壮絶な日々を送ることになってしまいました。

 

私はいわゆるデキ婚で、結婚の時に両親と揉めてしまい、さらに普段両親は別居しており、複雑な空気感の中での慣れない赤ちゃんとの生活。

全員、超ストレス(笑)

 

母は昼夜問わず泣き続ける孫を見て『かわいそー』、夜中の授乳時にはため息、孫がうんちをしたら戸をピシャッと閉めて逃げ、オムツ交換を手伝ってくれたのは一度だけでした。

口を開けば、

「私の時はあなたは夜泣きもしないし、すごく良い子だったから楽だった」

「おっぱいが足りないから泣くんだ」

と言われ、私は次第に責められている気持ちになってずっと泣いていました。

 

そんな様子をみかねて夫が

「里帰り、早く切り上げて帰ってきたら?」

と言ってくれましたが、そうすることで母にまた何か言われるのがわかっていたのと、母は私の食事や洗濯はしてくれていてそれは助かっていたので、予定通りにすると決めていました。

 

里帰り終了まで数日というところで、険悪な雰囲気の私と母の間に父が仲裁に入ってくれて若干楽になりました。

油断した私は、孫の寝かしつけが上手だった母に

「どうやったら上手に寝かしつけられるの?」

と聞くと

「教えない」

とまさかの返答!

冗談かと思ったら本当に教えてもらえませんでした。

意味不明です…。

 

さらには

「お友達の孫は目が大きくてすごく可愛いんだけどうちは…写メ見せられないわー」

と言われ…。

これには母娘の縁を本気で切りたいと思いました。

こんな状態だったので、自宅に帰る日の私は母から解放されるのが嬉しくてたまりませんでした。

 

産後、自分の親に感謝する気持ちになるといいますが、私の場合は残念なことに

「こんな母親になってしまったらどうしよう」

「頼れる人は誰もいないんだ」

と恐怖心と孤独感がいっぱいでとても辛かったです。

 

母が私にこのような仕打ちをしたのは認知症の祖母の介護をして疲れきっていたこと、慣れない生活環境でのストレス、私のガルガル状態のせいもあったのかなと思います。

そう思うと母にも申し訳ないところもあり…。

母は自分の子育て時に沐浴をしたことがなかった(父や祖母がしていた)こと、紙おむつを使用したことがなかったことが後に判明し、母もわからないことだらけだったのだと思いますが、うちの場合は里帰りはしなかったほうがよかったなーと思いました。

 

我が家のようなケースは稀でしょうが、里帰りも状況によっては家族皆がしんどくなることもあるので、よーく考えた方がいいと思います。

 

最後に。

今は母は孫の写メや動画を見て『かわいい』と言ってくれるようになりました。

父も顔をみせると鼻の下を伸ばして抱っこしてくれます。

これから先も大変なことは多いだろうけど、我が子に悲しい思いはさせないよう、強いお母ちゃんになろうと思っています。

著者:きらきらぼし

夫と二人で初めての子育てに奮闘中。

可愛い我が子とずーっと一緒にいたいけど、共働きのためそうもいかず。

育休中の今の時間を大切に過ごしたいと思いつつ、家事と育児に追われてます(笑)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。