妊娠・出産・育児の情報サイト


待ちに待った赤ちゃん

病院で主人の精子の運動率や数が基準を大きく下回り、自然妊娠はまず無理だと言われた新婚3ヶ月目。

『検査をするなら早いほうが良いだろう』と、検査をするように主人にお願いした結果がまさかの結果で、ショックという言葉では語り尽くせないくらい衝撃が大きかったです。

主人は私より10歳歳上だったこともあり、子供を望むなら早いほうがいいなと思っていました。

「人工授精や体外受精という方法があるから、一匹でも精子君がいれば大丈夫だよ~」と落ち込む主人を励ました検査結果の後の帰り。

運転しながら落ち込む主人の顔はとても寂しそうで、自分を責めているのが分かりました。

 

せめて、人工授精だったりをするならば、サプリメントをまずは試して、少しでも運動率や数を改善させてみたいと『亜鉛』『L-カルニチン』『マカ』『ビタミンE』を飲む事にしました。

特にL-カルニチンは運動率を改善してくれるという研究結果が出たという論文があったので、試す価値がありそうだと思いました。

精子は新しく作られ、実際に運動能力を持つまでに3ヶ月要するとのことで、

「サプリメントの効果が出るとしたら、3ヶ月後位からだね」

と2人で話していました。

私もクリニックに通い始めて、先生のご指導のもと、まずはタイミング法を試すとのことでした。

 

丁度サプリメント摂取から3ヶ月経った頃です。

自然妊娠は無理だと言われていたのに、自然妊娠であるタイミング法で妊娠が出来ました。

本当に夫婦で大喜びでした。

初めてエコーに映った我が子は、『4.4ミリ』という小ちゃな丸でした。

「よくきてくれたね」

と、エコーの画面に涙が出てきました。

諦めず、サプリメントを試してみて良かったと思いました。

一生懸命、色んな文献を夫婦で調べて取り組んだから赤ちゃんが来てくれたんだと思います。

主人のエコー写真を初めて見た時の嬉しそうな笑顔は忘れられません。

著者:やまぐっちぃあや

24歳の医療従事者として働いています。人生色んな事ありますが、頑張っていきたいと全力を尽くしていきたいと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。