妊娠・出産・育児の情報サイト


切迫早産

f:id:akasuguedi:20160413143201p:plain

妊娠してからの検診は、赤ちゃんの様子が見られるので毎回楽しみでした。

今まで何にも言われなかったのに、25週の検診で先生から

「安静にしておいた方がいいですよ」

と言われ、仕事も辞め、お家でのんびりと過ごしました。

 

次の検診でもやはり、切迫早産気味で検査。

1週間後に結果を聞きに行ったところ、

「入院しましょう」

と言われそのまま車イスに。

突然の入院なので不安で仕方なかったです。

 

私の場合お腹もあまり張らないし、出血もなかった。

子宮頚管が短かく、指一関節入れたら赤ちゃんの頭が触れると聞いた時は危機感を覚えました。

入院生活は24時間の点滴、食事トイレ以外寝たきりでした。

入院生活は、朝晩とNSTがあり心音も聞けて、不安な事も質問できて安心でした。

 

2週間の入院生活を過ごし、家でも変わらず絶対安静のままで無理なく過ごしているのに、3週間後には検診で引っかかり再入院になりました。

今回は点滴ではなく飲み薬で様子見で2週間過ごしました。

36週目安で退院でき、残り1週間は安静と内服で乗り切り、ゴールとしていた37週に。

内服も止め体も動いて良いとのこと!

約2ヶ月間寝たきりのままの体で急に動き出すと、毎日筋肉痛。

お腹も大きくなっているので恥骨や仙骨も痛いし前駆陣痛も痛くて、安静解除は嬉しいけど毎日痛くて痛くて…泣。。

 

最後の検診では、

「子宮口4センチでとても柔らかくなってます。普通の人は、陣痛来てるよー」

そう言われてから10日後、39週で元気な赤ちゃんを出産しました。

 

我が子を見ると、今までの辛かった事が一瞬にぶっ飛びます笑!

今不安な方、ゴールが見える入院だと思って頑張って下さい!

著者:とーママ

7ヶ月の男の子の一児のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。