ゼクシィBaby みんなの体験記


前置胎盤

f:id:akasuguedi:20160409024333p:plain

初めての妊娠によるできちゃった婚、そして仕事の関係で夫とは最初から別居生活。

毎日、毎日が不安の日々。

でも子供を授かったことは本当に嬉しくて。

妊娠中期に悪阻が落ち着き、お腹が出てきて、胎動を感じ始めてからは、孤独ながらも、日に日に幸せを感じていました。

 

産院での健診も、毎回順調。

むしろ妊娠したからか、風邪ひとつ引かず、お肌も良好。

大きなトラブルもなく、このまま順調に出産を迎えられるかな…と思っていたのですが。。

26週の健診の時、初めて『前置胎盤』という言葉を、院長先生から聞きました。

「ぜんちたいばん???」

よくわからないまま、先生からは

「まぁ、でも動く可能性もあるから、毎回エコーで確認しましょう。でも、このままの位置だったら、総合病院に行ってもらうしかないね」

「あ、はい…わかりました」(全然わかってなかった)

 

なんだかわからないままその日の健診を終え、初めて「前置胎盤」について検索してみたのです。

すると、なんと皆さんの大変な経験談、不安な情報が出てくる出てくる…!!

調べれば調べるほど、不安になり、頭が真っ白になりました。

 

そんな不安を夫にも共有したくても、別居なので直接聞いてもらえず、電話やメールで伝えても、私の不安は消えません。

幸い、実家の母が比較的近くにいるので、話を聞いてもらう日々。

また、同じく妊娠中の友達や先輩などに不安を聞いてもらって、なんとか紛らわしていました。

 

そんな時、ある方の経験談の中にこんな事が書かれていました。

「前置胎盤とは、胎盤の位置が極めて子宮口に近いか、子宮口にかかってしまっている。それって、本当だったら、出てきてしまってもおかしくないのに、なんとか必死にしがみついてくれた。自分のことを選んでくれたってこと。それって本当に奇跡。」

 

そんな体験談を読んで、一気に心が軽く、そして今までより一層、このお腹の中の赤ちゃんが愛おしくなりました。

その方には、本当に感謝です。

まだ30週で出産を迎えていませんが、そんな奇跡を起こしてくれた我が子は、無事に産まれてくれると信じて、出産まで安静にがんばりたいと思います。

著者:チビたん初マタ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。