妊娠・出産・育児の情報サイト


会陰切開の恐怖から毎日欠かさずマッサージ。でも出産当日、心の底から「早く切って!」と懇願した私

f:id:akasuguedi:20160426213940p:plain

初産で妊娠中、会陰切開するのがどうしても嫌で、分娩前には会陰切開なしの自然分娩を希望していました。(産院では希望をきいてくれました)

嫌だった理由は、痛みへの恐怖と産後の生活が不便ということ。先輩ママ達からも「ハサミの音きこえるよ~」と聞き、より一層恐怖心が増すことに…。

37週目以降は、無添加のオイルを使用して会陰マッサージをせっせと実施。出産日までの3週間、お風呂で欠かさずに会陰の伸びをよくしていました。

 

そして迎えた初分娩。陣痛があり子宮口が全開になるまでは順調にお産が進んだものの、お腹にいる子の頭が大き過ぎていくらいきんでもでてくる気配が一切ありませんでした。

数時間いきんだ後、全く進まないお産に気が遠くなり、体力も限界に。私の会陰も同じく限界だったようで、危うく裂けそうになっているとのことでした。

「どうか切ってくださいお願いします」と、最後は先生に懇願し、切開していただいて数分で無事出産しました。心の底から感謝した瞬間でした。

幸い、掛かっていた産院は会陰切開が上手く、術後の回復が早いと評判のところだったので、膣内含む数カ所を切開したにも関わらず、1週間もしないうちに傷の痛みは感じなくなりました。また、入院中には痛み止めも処方して頂き、生活ができないほどの苦しさを感じるタイミングはありませんでした。

ちなみに全て溶ける糸で縫っていただいています。

 

お腹の子の頭が大きくなければ、会陰切開なしでも良かったのかもしれませんが、切って頂いた方がお産自体は劇的に楽になるんだ、と実感しました。

 

会陰切開が全般的にない海外での出産を経験した実母も、「3人目の出産なのに、切開しなかった海外でのお産が1番大変だった。日本の医療技術には本当に感謝した。」と言っていたので、改めて会陰切開は妊婦さんのためを思っての処置なんだと思いました。

著者:ha

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。