妊娠・出産・育児の情報サイト


無事出産が終わったと思ったら…突然のブラックアウト!出血多量で倒れた私

私の場合、出産までがまず長かったです。

分娩室に入るまで、一日以上かかりました。

朝に陣痛がきて、一人目だったのでゆっくりゆっくり開いて、それでもなかなか頭が下りてこなくて、一晩中眠れず陣痛の痛みに耐えて朝になり、

「ようやく分娩室に入れる!」

となっても、もう体力はほとんどなく。

そこから何度も力むも出てこない。

 

体勢のコツを掴みかけた頃、見かねてようやく先生登場。

バルーンというんでしょうか?手助けしてくれたらしいんですが、下の入り口のお肉をぎゅーっと引っ張って蝶々結びされてるような猛烈な痛み。

それでも、

「もうすぐ終わるんだ! 」

と思ったらなんとか耐えられました。

そこからまた何回か力んで、

「頭が出ていて触れるよ!」

と言われ手を伸ばすと、ふんわりした髪の感触。

この手触りは数ヶ月忘れられませんでした(笑)

今はもう髪も増えて伸びてしまったので、すっかり忘れてしまいましたが…。

出産直後は髪の毛ばかり触って出産の時のことを思い出していました。

 

「もうちょっとだ!」

とまた励まされ、気合いで最後の力を振り絞る。

出た! 赤ちゃんとご対面。

とにかく安堵。

赤ちゃんがすぐ泣いて元気なこと、とにかく終わったんだという安心感。

その後は夢のような時間でした。

 

裂けたらしい箇所を縫うのも、陣痛に比べたらなんでもない。

すぐ病室にうつれ、駆けつけてくれた家族はちょうどお昼時だったので、ランチに行きました。

私もほっと一息、お尻が痛くて気になるけど、お昼を少しいただいて…ふと見るとシーツが真っ赤。

こんなに血が出るものなのかなと思いながらもナースコール。

服も汚れたので一度トイレに。

するとあれ、意識が遠のく…気付くと看護師さん二人に肩をかつがれ、ベッドに戻っていました。

バタバタしだす病室。

私は数人の看護師さんたちによってよいしょと移動ベッドにうつされ、あわただしく手術室へ。

再び先生に再会。

 

診察されると、中が裂けてそこから出血していたようで、縫わないといけないらしい

全身麻酔をされ、私の意識は完全にブラックアウト。

再び目覚めると、また陣痛室に戻ってきていました。

無事に出産したと思ったのに、大変なことになっちゃったな…とぼんやりした頭で考えていました。

ちょっと身を起こしただけでも、ふらふらのひどい貧血症状。

リカバリー室にうつるも、動けないのでおしっこの管をつながれ(トイレに立たなくていいのでけっこう楽)診察も車イス、しばらく寝たきりになりました。

産後すぐ動き回れる人がうらやましかったです。

 

ともあれようやく病室に戻れ、少しずつ色んなことができるようになってくると、出産が終わったんだなーとじわじわ実感してきました。

生きてるって素晴らしい(笑)

先生に冗談めかして、

「あれ以上血が出てたら死んでたよ!」

みたいなことを言われたので余計です(笑)

身体が回復してくると、今度は授乳に悩まされる日々が始まるのですが…。

出産てほんとに終わってからも何が起こるかわからないです。

産後は、お大事に。

著者:なな

ソフロロジーの産院で産みました♪

二人目も同じところで産みたいです。

今はまだまだ一人目の育児で余裕がないですが(^^;

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。