妊娠・出産・育児の情報サイト


第2子出産でママ友関係が激変!疎外感にモヤモヤする自分にビックリ

f:id:akasuguedi:20160406171207j:plain

f:id:akasuguedi:20160406162146p:plain

長女が小学1年生になる時、主人の実家の近くに引っ越してきました。

理由は、主人の両親も高齢になってきたからです。

 

私も娘も、誰一人知り合いのいない環境でした。

毎日のように娘と近所の公園に遊びに行きました。

娘は一緒に遊べる相手もおらず、なんだか寂しそうでした。

 

主人のすすめもあって、PTA役員を引き受ける事にしました。

娘のためにも知り合いを作らなければ…という使命感もあったのかもしれません。

役員のママさん達は良い人ばかり、皆でランチをしたり、スーパーで会うと立ち話したり、程良い人間関係でした。

でも子連れで学校外で会う程の関係にはなりませんでした。

 

主人が接客業で、土日祝日とも仕事なので、これまたそんな日も公園に行きました。

いつも土日祝日に母と子だけで公園に来ている同じ1年生女の子がいました。

その日も親子2人で来ている様子でした。

思い切って声を掛けてみました。

とても感じの良いママで、ご主人も接客業という同じ境遇、あっと言う間に仲良くなりました。

そのママの幼稚園時代のママ友も紹介してもらい、いつしか子供の習い事も一緒のグループが出来上がりました。

皆でママ友の家でバーベキューをしたり、ハロウィンパーティーをしたり。

夜には子連れで飲み会があったり。

楽しい日々を過ごしました。

 

そうこうしている内に、私が9年ぶりに第2子を出産しました。

皆にもお祝いを頂いたり、出歩けない私を気遣って上の子を遊びに連れて行ってくれたり…とても良くしてもらいました。

 

仲良しママさん達は、のちにジョギンググループを結成しました。

子連れで夕方の公園を走り、終わったあとはママさん達のおしゃべりタイム、子供達は遊具で遊びます。

もちろんうちは参加ができません。

 

娘は幾度となく参加したいと私に訴えかけました。

「今日○○ちゃんちで飲み会なんだって。うちは行かないの?」

娘が聞いてきます。

「うちは赤ちゃんがいるからね。無理だね。行けないね。」

そうなんだぁ、飲み会かぁ、知らなかったなぁ…ていうか誘われてないし(笑)。

そんなことが度々ありました。

ジョギンググループでLINEグループもある様子で、なんだか疎外感。

うん、誰も悪くない。

でもなんだかのけ者にされた気分。

モヤモヤ。

自分はもっとサバサバした人間だと思っていましたが、違ってビックリしました。

 

ママ友…いると楽しいこと、助かることも多いけど、心をまどわす存在でもある…日々そう感じながら生活しています。

f:id:akasuguedi:20160406170039j:plain

著者:H&R
年齢:43歳
子どもの年齢:10歳と1歳

赤ちゃん育児経験者といえども9年前の話…最新育児グッズやたくさんの育児情報に驚き、浦島太郎状態で日々子育てしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。