妊娠・出産・育児の情報サイト


何でもやってくれるけれど、とにかく雑な夫の家事。感謝といら立ちが入り混じる家事分担

f:id:akasuguope01:20160325185845j:plain

夫は、ひとり暮らしが長かったこともあって、家事全般こなします。
調理師免許も持っているので、料理は私よりも上手なほど。
結婚以来、共働きだったので家事分担はだいたい半分ずつ。
洗濯は私。掃除と料理は手が空いている方がやる。ゴミ出しは夫。という配分でした。
家事を手伝ってくれない夫に悩む人が多い中、恵まれていました。

 

そんな夫の欠点は、どの家事もこなせるけれども、丁寧ではないという点。
料理も、いかにも男の料理!という感じ。
ざく切りした野菜を大量に投入した中華丼や、大鍋いっぱいのカレーライスなど、消費する人数や予算を全く考慮していません。
調理師免許は持っているものの、料理は好きではないらしく、食べられれば良いという考えなのです。
掃除も適当です。掃除機はかけるものの、部屋の四隅まで意識が行き届いていないので、いつもゴミやほこりが残っています。
でも、私だって人のことは言えないし、やってくれるだけマシだと思い、何も言ってきませんでした。

 

娘を妊娠し、転居も重なったため私は専業主婦に。
以来、ゴミ出し以外の家事は私の担当になりました。
これに関しては全く文句はありませんでした。むしろ、全て自分の思い通りに家事を済ませられるので快適でした。
しかし、娘を出産してからは、家事を楽しむ余裕なんて皆無。
『終日、在宅しているのだから全部私がやる!』と思っていたものの、昼夜を問わない授乳でへとへと。
娘は少しでも私が離れると泣くので、家事をする時間も限られてしまいました。
そんな状態を見かねて、洗濯を手伝ってくれるようになった夫。
洗濯物がとにかく多かったので、とても助かりました。


しかし、問題が。
結婚以来、洗濯はほぼ私が担当していたので気づかなかったのですが、洗濯の干し方がとにかく雑。
靴下や服の袖口が、丸まったまま干す。ニットも平気で洗濯バサミでつるす。
一番許せなかったのが、私の下着を外の目立つところに干すことでした。
はじめのうちは、黙って私が干し直していたものの、二度手間になることへのいら立ちが爆発。


『ちょっと、洗濯物の干し方、もう少しきれいにしてくれへん?靴下とかちゃんと全部のばしてから干さんと、全然乾かへんやん!それに、私の下着を外に干すのやめてよ』
『え~、でも外に干さな日光消毒できへんやん』
『私の下着は外に干さなくてもいいの。ご近所に丸見えで恥ずかしいやんか』
『誰も気にしてないって~、人の家の洗濯物なんか』
『そういう問題ちゃう!!』

 

以上のようなやり取りの後、私の下着は室内に干してくれるようになりました。
しかし、干し方が雑なのは相変わらず。
未だに私がいちいち干し直しています。この冬でお気に入りのセーターが2枚着られなくなりました。
娘も2歳になり少し手がかからなくなったので、そろそろ洗濯も私がやろうかなと思っています。

著者:びーぐる
年齢:39歳
子どもの年齢:2歳0ヶ月

2歳の女の子の育児に奮闘中の専業主婦。イヤイヤ期まっただ中の娘の地雷を踏まないように、気を遣う毎日です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。