妊娠・出産・育児の情報サイト


2度の卵管造影後に妊娠

32歳で結婚して一年で妊娠せず、すでに30過ぎての結婚だったため、早めに不妊治療の病院にいきました。

タイミングでもなかなか授からず、卵管造影で右の卵管がつまってるようで、かなり痛かったです。

その後もタイミングと排卵誘発とか自己注射もしたけど、妊娠せず。

次は腹腔鏡手術で実際に中を見てみて、何か病気があれば治療するとのことでした。

 

でも、手術まではなかなか踏み込めず、ウダウダしてると、2回卵管造影して妊娠した例があるからと、もう一度卵管造影を勧められました。

一回目がかなり痛くてあまり乗り気じゃなかったけど、手術するよりは…と思ってもう一度トライ。

やっぱりものすごく痛かった。

すぐには妊娠せず、私も半分あきらめてしまいました。

 

職場の上司に前々から行けと言われていた一年かかる研修、『妊娠するかもしれないので』と逃げていたのを『妊娠しないんだから』と、逃げられず行くことに。

ところが研修中に妊娠が判明し、研修は途中リタイヤしました。

先生に勧められたことと、なにかやり始めて他のことを考えだしたおかげなのか、妊娠できてよかったです。

著者:ハム

現在34歳、2ヶ月の女の子の育児奮闘中

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。