妊娠・出産・育児の情報サイト


都内で無痛分娩を希望するなら

都内で無痛分娩を希望するのであれば、妊娠がわかった時点ですぐに分娩予約をするべきです。

私は、妊娠発覚後つわりが酷く、ずっと家に篭っていました。

少し体調が、よくなった7週目に分娩予約しましたが、無痛分娩はすでにいっぱいでキャンセル待ちをせざる得なくなりました。

ほかの病院にも問いあわせましたが、やはり一杯でした。

お産難民になり、不安で毎日泣いていました。

そこから、一ヶ月後に電話があり、空きがでたとのことで、入れてもらえました。

悪阻で体調が悪くても、病院には早く行って分娩予約だけは、取るべきだったと反省しました。

著者:りょうピー

都内在住の専業主婦です。趣味は、ショッピングと料理です。春に女の子を出産予定です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。