妊娠・出産・育児の情報サイト


本当につわりに終わりがくるのか不安な毎日でした

妊娠検査薬で陽性が出て病院へ行って、妊娠が分かったあと、すぐに吐きつわりが始まりました。

4ヶ月目頃まで続き、1番ひどい時は水を飲んでも戻していたので、点滴のため入院したこともありました。

氷やゼリー等口に出来るものを口にして、ひたすら横向きに寝て気持ち悪さを紛らわしていました。

仕事を休むことや、主人に送り迎えをしてもらう日もありました。

 

電車に乗るときは飲み物と、いつ吐き気が来ても良いようにビニール袋をたくさん持つようにしました。

なるべく駅のトイレの位置も把握して、いつでもかけこめるようにしました。

 

先輩ママの友達や家族に、辛い時は『辛い』と言ったら気持ちが少し楽になりました。

あとはひたすら、

赤ちゃんが元気な証拠!乗り切れる!大丈夫!)

と自分で自分を励ましていました。

 

好きなものを食べれる時に食べて、無理せず横になれる時は横になるのが良いかもしれません。

寝過ぎると腰が痛くなると思うので、抱き枕の購入がオススメです。

 

つわりを乗り切れたのは、親が励ましてくれたり、職場の方々の理解、旦那さんが家事をやってくれたりトイレで背中をさすってくれたりと支えてくれたおかげだと思います。

炭酸の飲み物は胃がスッキリする気がしてよく飲んでいました。

先が見えずお先真っ暗で落ち込み、涙することもたくさんありましたが、乗り越えられた時はとても嬉しいです。

つわりで辛い方々に少しでも希望を与えられればと思いつわりについての体験記を書きました。

著者:ポコ

只今妊娠8ヶ月目☆

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。