妊娠・出産・育児の情報サイト


妊活

結婚してすぐに赤ちゃんは授かれると思っていました。

私の姉がハッキリした理由がわからないまま不妊治療を四年半続けてやっと授かり、その姉からの助言で『結婚したらすぐに病院にいくべき!』というのを受け、特に抵抗もなく行きました。

その時の気持ちとしては自然妊娠できる!という思いでした。

しかし、排卵日を気にして夫婦生活をしたり、体温測定…何だかプレッシャーみたいなものを感じるようになりました。

仕事が生きがい?だった私も仕事を辞め、て特にすることもなく家にいるので不満が溜まり、旦那さんと些細なことでケンカばかり。

 

簡単に言うと夫婦の結果…私は異常なし、旦那さんの精子が弱いということでした。

毎回卵胞チェックやらなにやら…『今回は期待できそうです』というクリニックの先生の言葉にワクワク、しかし、なかなか授からず…。

クリニックに1人で行って長い時間待って、精神的に疲れるのは私…。

 

そんな中、旦那さんがあるケンカの最中に、

「そんなんじゃー赤ちゃんできひんよ!」

って凄く他人行儀に言い放ちました。

私はカチン!もう大泣き!

クリニックに通って色んなこと努力してるのは私!

しかも、私は傷つくと思い、旦那さんには旦那さんの結果を伝えていませんでした。

あんたが原因!って本当に言いそうなぐらいでした。

 

そういう思いも嫌だったのと引っ越しもあって、少し忙しかったので2カ月クリニックにいきませんでした。

しかし、親や姉は心配?していて、

「クリニック変えてみたら?」

と。

ですが今までの検査が無駄になるので何となく気が進まなくて…。

色んなネットで不妊治療というものを沢山検索し、様々な意見を読みまくりました。

 

そして、

「次のステップに進む!年内は人工授精体外受精という風にしてどんどん進もう!」

と。

期待しながらも人工授精4回失敗。

次は更に検査をして、採卵~顕微受精

幸い、8個中4個がしっかり受精してくれました。

その後も特に体を休めなくても体調がよかったのですぐに受精卵を子宮に戻しました。

1番いい受精卵!

その日は受精卵を戻し、少し休憩してから保育園の仕事にいきました。

普段通りの生活。

 

ドキドキしながら2週間を過ごし、クリニックへ!

結果は…検査薬には反応はないけど、血液検査に少し反応があります。

しかし、薄い…ということで、

「また二日後来てください」

 

私は検査薬で結果×ってわかっていたのですが、先生が可能性ありと言ったのでビックリして涙が…

しかし、その後の結果…化学流産

しかし、次へ!前向きに!

その後また体調がよかったので、1ヶ月後に2番目に良い受精卵を戻しました。

ちょうど2週間後の結果検査日に海外旅行を予定しており、そこでもまた心配性な旦那さんは『旅行中止!』と言い、私とケンカ。

私は、

「そんなのでダメになるのは元々生命力がないから!」

まぁ色々話し合い…結局行きました。

旅行先に着いた日にクリニックの検査薬を使用してくださいとのことでした。

ドキドキしながら旅行先のトイレで検査薬を試しました。するとうっすら…陽性反応。

旦那さんと一緒に大喜び。

 

でもまだ気は抜けません。

お薬も続けて飲みました。

帰国後、クリニックへ。しっかり陽性反応。

長い道のりはようやく落ち着きました。

 

不妊治療はほとんどが女性が頑張らないといけません。

それを旦那さんは理解して、どんな思いをしているのかしっかり受け止めてあげないといけません。

男性はプライド?捨ててください。

うちの旦那さんは、不妊の原因は私側にあると思っていたようです。

そういう思いがお互いにあると、できるものもできないと本当に感じました。

著者:しーしゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。