妊娠・出産・育児の情報サイト


第二子もつわりが...第一子の時の妊娠生活

f:id:akasuguedi:20160418104148p:plain

念願の第二子を妊娠が分かったのは5週目でした。

 

1人目の時は19週目まで臭いづわりと吐きづわりがあり食欲がなく、食べても戻してしまう毎日。

体重も4キロ落ちて、とにかくつわりの時期は食べるという楽しみがない状態でした。

吐きづわりで毎日嘔吐していたのですが、その時に唯一嘔吐しなかった食べ物がスイカ。

それまでは好きでもなかったスイカが妊娠を機に好物になり、出産後も変わらず好きです。

そして産まれて来た子供もスイカが好きです。

不思議ですね。

 

さて、第二子を授かって今回はどうだろうと思っていたら、妊娠が確定して数日つわりがなかったので、もしかしてつわりがないかも?

と思ったのもつかの間...6週目からは、

・吐きづわり

・食べづわり

・よだれづわり

・頻尿、疲れやすいなどは第一子の時と同じ

食べづわりやよだれづわりは今回が初めてで、食べづわりはお腹が空くとムカムカが強くなり、食べると落ち着くかと思えば、吐きづわりで戻してしまうという状況です。

よだれづわりは生唾が口の中にドンドン溜まって、しょっちゅう出さないと気持ち悪くなる状態です。

よだれづわりについて調べると、妊娠中のホルモンの変化で身体の中で水分代謝が悪くなる事で、『水毒』という身体の中でドロドロした水が滞っている状態で、唾液が増える可能性があるという事でした。

嘔吐で水分も出てしまう為か肌も乾燥しやすく、健診では、

「血管に張りがないですね」

と言われました。

 

現在妊娠9週目で2キロ減ですが、第一子の時にはなかった症状としては、

・くしゃみや鼻づまり(妊娠性鼻炎かな?)

・顔のむくみ、お腹がタポタポ(水毒が原因?)

といった感じです。

なんだか今回の方がつわりが重いような気がしますが、ただ今のところ第一子の時のつわりと大きく異なるのは、『食べている時は美味しく感じる』という事です。

 

運動に関しては、6週目までは1日10キロを目安にウォーキングをしていたのですが、つわりが本格化してきて嘔吐する事が多くなると、身体に力がなく、寝ている時と食事している時以外は気持ち悪くて横になっている事が多くなり、子供の送り迎えも車で主人にお願いしていて運動不足です。

普段から家の中でも何かしていないと気がすまないタイプなのですが、今は最低限の家事をやるとすぐ横になってなんだかナマケモノになったような気がして、つわりが落ち着いたら、あるいは安定期に入ったら早く運動したいです。

 

つわりは病気かなと思うような症状ですが、赤ちゃんを育んでいる証拠だし、何よりも第二子を授かれたという喜びに勝るものはないです!!

主人は私と赤ちゃんの事を凄く気づかってくれて、家事や子供の送り迎え、全てにおいて120%協力してくれて本当にありがたく感謝する毎日です。

上の子供の事も良くみてくれて、私がつわりで体調が悪いと子供を遊びに連れていってくれたり、私が体調が悪くイライラしてると優しく声掛けしてくれたり、本当に日々申し訳なさと感謝でいっぱいです。

 

上の子も兄弟ができると伝えてから、急に自分の事はしっかり自分でやるようになってくれました。

トイレが成功したりダメだったりしていたのが、急に出来るようになり主人と凄い成長だね!!と驚いてました。

私が気持ち悪そうにしているのか、

「ママどうした?大丈夫?」

と良く声を掛けてくれます。

ただ、赤ちゃんを授かってからは抱っこをあまりしてあげなくなったせいで、主人に抱っこをせがんだり、友達の子供が抱っこしてもらっているのを見ると私にも『抱っこ』と言ってくるようになりました。

今の内に抱っこしてあげないとダメだなと思います。

赤ちゃんが産まれてくると忙しくなるからね。

 

ここまでは第二子のつわりについて主に語ってきましたが、少しだけ第一子の時の妊娠しについてお話させて頂きます。

第一子の時のつわり19週まで続いたと書きましたが、安定期に入ってからもつわりがあったのだなと今思い出しています。

第一子の時もつわりが始まると、外出も控えめになってしまうほど大変が悪かったので、とにかく早く安定期に入って運動をしたいと思ってました(今と同じ状況ですね)。

そして安定期に入ってすぐ、それまで通っていたコンテンポラリーダンスのレッスンを再開し、マタニティピラティスのクラスも受講し始めました。

運動すると本当に気持ちも身体もスッキリすると、とても喜んでいたのですが。

 

なんと、ちょうどつわりが終わる頃に今度はお腹が張り始めたのです。

急にレッスンを再開したせいか、体質のせいか。とにかくお腹が張りやすくなりその後は張り止めを飲んでも、張りがおさまらず、

結局、『自宅で安静にして下さい』と医師から言われてしまいました。

 

安静と言われてから数日後、「駅まで歩くのくらいはいいでしょう」と勝手に往復20分の道のりを歩いて、途中途中お腹が張る度に立ち止まったり、座れる所があれば座って休みながら、たった20分歩きました。

その夜、お腹が痛くなり受診。

お医者さんに歩いた事を伝えると、

「駄目に決まってるじゃないですか。次に痛みが出たら入院しますからね」

と怒られて、それ以降は自宅で横になって過ごしました。

 

第一子の時はつわり→お腹が張って自宅で安静となったので、マタニティライフを楽しむ余裕はありませんでした。

でも、その分出産がスピード安産で1時間56分で産まれてきてくれました。

赤ちゃんに感謝ですね。

 

つわり中も安定期も、私は何かと動き過ぎるようで、今思えばきっと赤ちゃんが、

「産まれたら忙しくなるから、今はゆったり過ごしたほうがいいよ」

と教えてくれていたのだろうと思います。

 

第二子のつわりがいつまで続くのか、今回はお腹が張らずにマタニティライフを楽しめるか、まだ分かりませんが、とにかく今は、

「お腹の赤ちゃんが健康的に育って、準備が出来たら無事に安産で産まれてきてくれますように!!」

と毎日お祈りしています。

 

妊娠も出産も本当に奇跡だと思います。

私は第一子を授かり出産して子育てをして、家族を通して沢山の幸せを感じさせて頂いてます。

これから、もっともっとこの幸せが大きく広がって笑顔も増えていくのだと想像してするととても楽しみです。

家族って良いですね。

もう1人家族が増えるのが今からとても待ち遠しいです!!

著者:レイラ

第二子を授かりました!!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。