妊娠・出産・育児の情報サイト


友人の一言で

f:id:akasuguedi:20160426213940p:plain

私達は若くして結婚した夫婦です。

私の旦那は夜からのお仕事なので、夜1人になるのが日常でした。

夜1人でいる不安と、アパート暮しなので周りの住人達の楽しそうな声を聞いて羨ましくて、それが出来ないことに対して毎晩悲しくなっていました。

仕事だから仕方ないのに、今まで1人でいてもなんの不安もなかったのに…など、強くなるどころか弱くなっていく自分を責めてばかりでした。

理想の家族、それを夢に見てばかりいた私は、何もしない旦那、私に『純情不安定すぎて困る』と言う旦那にうんざりしていました。

 

ある日、一児の母である友人に相談をしました。

その時『男は産まれてから子供を授かった事を実感する人が多いから、期待しすぎたら気持ち的にしんどくなるだけ。期待しないで私は私周りは周りって思えばいい』と言われました。

そこから気持ちも楽になり、旦那にも優しく接することが出来てほんとに感謝しています。

著者:みーん

22才専業主婦

初産

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。