妊娠・出産・育児の情報サイト


あっという間の出産

2人目の出産を控えていたある朝6時半、下痢時のお腹の鈍痛で目が覚めました。

妊娠後期はお腹の調子が良くなかったため、陣痛とは疑わずトイレへ。

その後また痛くなりトイレへ。

 

「痛みが弱いから陣痛じゃないと思うよ」

と主人に伝え、立ち合い出産希望だった主人は出勤することにしました。

が、7時半には痛みが徐々に強くなりだし、病院に電話。

間隔はすでに5分おきでしたが、生理痛程度の痛みなのでまだ急がなくてもよいとの病院の判断で、診察開始9時に合わせて病院で行くことに。

とは言え、8時過ぎには徐々に陣痛が強くなり、9時まで待つのはまずいと判断し、慌てて病院へ。

8時50分の病院到着時、陣痛間隔は3分。

陣痛中は痛みで話せないほどになっていました。

すぐに分娩室へ移動。

子宮口は7cm開いており、即、分娩開始。

そこからあっという間で、9時半に出産しました。

 

今回、ソフロロジーの分娩で、陣痛中に胡坐の姿勢でひたすら身体の力を抜くことを意識しました。

陣痛が1人目の時よりも強く感じなかったのは、このあぐらの姿勢が陣痛の痛み逃しに効いたのかもしれません。

横になるよりもあぐらの時の方がずいぶん楽でした。

ソフロロジーでの出産は身体への負担も少なく、意外と良かったです。

著者:ぽんきち

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。