妊娠・出産・育児の情報サイト


一人目と全然違う!

f:id:akasuguedi:20160418104148p:plain

一人目は予定日を過ぎても子宮口が開かなかったので、触診で刺激してもらい陣痛を起こしました。

でも微弱陣痛が続き、病院に行って12時間後に促進剤を使うことに。

陣痛が痛すぎて、

「もう二人目はムリ」

と思っていました。

 

二人目の妊娠がわかっても、陣痛の痛さを忘れられてなかった私は戸惑いました。

二人目も予定日間近になっても子宮口は開かず、

「しっかり運動して陣痛を起こさないと、また促進剤だよ」

と言われ、慌てて毎日スクワットを始めました。

 

すると予定日の昼、軽い生理痛のような痛みが。

陣痛はまだまだこんなもんじゃないと思い、スクワットをしてから横になっていました。

すると10分おきに痛みが来るではありませんか!

でも痛みのレベルはまだまだ生理痛。

でも少しずつ痛みは増していました。

近所に住んでいる妹に、

「なんか陣痛ぽいかもー」

とLINEしたところ、

「二人目は早いっていうから、お母さんに連絡して連れて行ってもらったら?」

と言われ、とりあえず連絡をしました。

30分くらいで帰ってくると言われたので、その間にお風呂を沸かして念のため病院に指示を仰ごうと電話をしました。

が、電話をかけるころにはグーっとくるあの痛みがやってきて、すでに6分間隔。

電話中も痛くて話せなくなる状態で、

「今からすぐ来てください」

とのこと。

結局お風呂は入れず、母に30分離れた産院へ連れて行ってもらいました。

 

車の中でもどんどん痛みは増して、着くころには4分間隔に。

産院に着いて子宮口を見てもらうと、

「もうすぐ産まれてもおかしくないよ!」

と言われ即分娩台へ。

それから2時間しないうちにオギャーと産まれました。

陣痛から5時間でした。

促進剤で起こす陣痛とは痛みが全然違って、二人目は本当に楽でした。

生んだ瞬間痛みを忘れる、というのも今回体験できましたw

 

二人目は少しの陣痛でも、早めに病院に行くべきだと痛感しました。

「もう少し遅かったら、車の中で産まれてたかもね」

と看護婦さんに言われて冷や汗をかきました。

著者:るい

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。