妊娠・出産・育児の情報サイト


初めての出産

出産予定日の2週間前の健診で、子宮口が開いてなくて、おかしいと医者に言われ、急遽レントゲンをとることになった。

レントゲンの結果、私の骨盤は男性と女性型の間のハート型で、骨盤も小さく、出口が赤ちゃんの頭と同じ大きさなため、自然分娩は難しいと言うことが分かった。

もし自然分娩で産むようなら、凄く凄く難産か、赤ちゃんかお母さんが死ぬかもしれないと…。

赤ちゃんが危険になるのは嫌だけど、帝王切開になるのも納得いかなかった。

自然分娩で産みたくて、毎日2、3時間の運動、スクワット、陰部マッサージなど努力していたので、全部無駄だったと落ち込んだり、病気じゃないのにお腹切るなんて、傷残るし嫌だなと思ったりもした。

 

次の日入院、次の日手術と日程が決まり、病院から帰り、身支度をすませる。

家でも暗い表情の私に助産師の妹が、

「帝王切開も立派な出産だよ!逆子だったり、破水しても産めれなくて緊急で帝王切開になる人も多くて、珍しくないんだよ!難産になるって前もって分かって、手術で安全に産めるんだから良かったんだよ。帝王切開何回も見てるけど、簡単な手術だし安心だよ!」

と言ってくれたので、勇気がでた!!

著者:りとるみぃ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。