妊娠・出産・育児の情報サイト


私が妊娠するまで。

私が結婚したのは23歳の時でした。

結婚してからすぐに自分達の子供を授かりたいと思っていたけどなかなか授からなかったので、1年くらいして不妊治療をする事にしました。

 

最初はタイミング法などをしていましたが、卵管の通りをみる卵管造影をしたら、痛いし凄く気持ち悪かったんです。

先生からは痛い方は卵管が詰まってる可能性があるという事で、結果をみてみても、卵管の両方とも詰まっていました。

それを聞いた時なぜか涙があふれてきました。

「卵管が詰まっていても妊娠できる道はまだあるから」

と、先生が話してくれました。

卵管を通す手術をするか、体外受精するか夫と話して、できるだけ自然で授かれるなら授かりたいと思い、卵管の手術ができる大きい病院を紹介してもらいました。

 

手術したのが26歳の時で、手術名は腹腔鏡卵管鏡下卵管形成術です。

手術したからといって妊娠できるか不安でした。

なので、妊娠しやすい身体になる為に食事を気にしたりストレスためないようにしたり、夜10時にはできるだけ寝るようにしたり漢方飲んだりしました。

そういう生活をして、手術から2ヶ月で懐妊する事が出来ました。

今思えば手術して良かったと思っています。

著者:あちゃぴ

独りは好きだけど実は寂しがりやです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。