妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛

午前4時、目が覚めてトイレに行ったらおしるしと思われる出血がありました。

その直後になんかお腹痛くなってきたなと思って時間を計っていたら、10分おきに1分ほど痛みの続く陣痛がはじまりました。

最初はこれが陣痛なのかどうか自信がなかったのですが、時間が経つごとに痛みが増し、痛みの間隔が狭まってきたので陣痛が始まったんだと確信しました。

 

午前10時、痛みは強くなり5分間隔になったので、病院に連絡し入院しました。

内診で子宮口は4cm開いているとのことで、夕方か夜には生まれるかなと助産師さん。

そして陣痛室に通されたのですが、なかなか陣痛が強くならず(私の感覚ではもう生まれそうなほど痛いが)、午前0時、入院してから14時間経ってもまだ子宮口6cmしか開いていないと言われ…。

あげく、助産師さんに

「このペースだと生まれるのは明日の昼頃かな」

と言われ絶望…。

 

ここまでは助産師さんに言われた通り、いきみたくなる痛みを呼吸法で逃していたのですが、だんだん耐えられなくなりちょっとずついきんでみる。

そうしたら、翌午前2時頃破水。

子宮口は9.5cm開いていました(ちょっといきんだおかげ?)。

あと2時間位したら分娩室行きましょうと言われ、さらに強くなった痛みをひらすら深呼吸して耐える。

 

午前5時頃分娩室へ移動し、午前5時30分頃パーンという音と共に破水。

午前5時50分出産。

痛み出してから約25時間、長かったです。

 

分娩台でいきんでる時からピンセットでこじ開けられてるような痛みがして予感はしてたけど、会陰マッサージも虚しく会陰部裂けました…。

でも、元気に赤ちゃんが生まれてくれたのでなによりでした。

 

出産で思ったこと。

陣痛室では旦那さんにも付き合ってもらうことが大事です。

出産に至るまでの陣痛の壮絶さを旦那さんにも分かってもらう唯一の機会だと思うし、心強くもありました。

旦那さんも、

「出産ってこんなに大変なんだね。これからもっとお前のこと大事にするよ」

と言ってくれました。

著者:とろ

30代初産婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。