妊娠・出産・育児の情報サイト


悪阻って旦那が居るときのほうが軽い

私はどちらかというと悪阻が重い方で、妊娠5週には吐きたいのに吐けない症状から始まり、7週頃にはインフルエンザにもなってしまって、5日間で4キロ痩せてしまったりしました。

 

それ以降もだんだん酷くなり、ご飯を食べては吐いてしまう日々。

妊娠なんかしなければよかった。

そんな風に思ったこともありました。

 

旦那のいる時にはなぜか吐くことが少なく(全くなかったわけではない)、この辛さをなかなかわかってもらえない。

すごく辛かったです。

 

でも旦那が一度呑んで帰ってきて吐いたときに、『こんなしんどいねんな、ごめんな』って言ってくれて、すごく嬉しかったのを覚えています。

そんな悪阻も4ヶ月になる頃にはほとんど終わってました。

 

私は特にこれがダメとかはなく、とにかく食べても食べなくても気持ち悪いという感じだったのですが、果物は食べやすくて、元々果物大好きだったので悪阻の時期も終わってからもたくさん食べてました。

生まれた子どもも果物大好きです。

著者:mi

2歳の男の子と現在妊娠7ヶ月の妊婦です。2人目は女の子です(^^)バタバタな日々ですが、元気な子を産みたいです(^^)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。