妊娠・出産・育児の情報サイト


個人病院にこだわり続け、しかし体重が、、、

初めての妊娠!

実母が有名な産院で私を出産したので、自分も当たり前に個人病院で出産するものだと思ってました。

しかし当初通っていた病院は、評判は良かったし、先生もおっちゃん先生だけど4Dも毎回あるし、LDL室や個室など私は気に入っていたものの、旦那が病院の周辺環境が気に食わず。

新たに産院探しをすることになりました。

 

病院探しの条件として、綺麗、丁寧、食事が豪華、立会可能…など、赤ちゃんのことより私のこと優先で探し、気に入るとこが見つかり、すぐ予約し、気に入れば分娩予約をして帰るつもりで、受診しました。

尿検査、体重、助産師さんのお話をした後、『いよいよ、診察』とワクワクな私でしたが、一瞬でお先真っ暗になりました。

 

診察に入り、赤ちゃんの状態を見る以前に、先生より、

「BMIが30あります。こちらではリスクが高くお産受け入れ不可。紹介状書きますので大きな病院へ行ってください」

と言われました。

元々肥満気味だった私は、157cm、73kgが、初期のつわりで79kgにもなっており、

その時初めて、体重で自分の希望通りにいかないことにがっかりしました。

エコーもなく、紹介状のためだけに行った病院でした。

 

母にも、

「確かに個人病院で太った妊婦さんを見たことないわー」

とあっさり言われ、妊娠したことすら憎むほどに。

今思えば最低な、母親です。

 

旦那にも泣きながら電話し、周りになんとか説得され、紹介状を持ち大きな病院を受診しました。

大きな病院では、今までの経路を説明すると、

「お母さんしんどかったね。これから体重頑張れば大丈夫だから、赤ちゃんの

ためにがんばろうね」

と言われ、ぽろぽろ泣きました。

 

その時初めて、

「赤ちゃんごめんね。元気に生まれてきてね」

と、赤ちゃん主体でもの事を考えられるまでに。

 

今はもう大きな病院で産むことに抵抗もなく、個人病院の豪華な設備に憧れることもなくなりました。

何かあった時に『ここなら大丈夫』と安心感を得られるまでになりました。

 

病院選びで色々思って探し回りましたが、まさか自分の体重が一番引っかかるとは

思ってませんでした。

こんな妊婦もいるんだと思って頂ければと思います(笑)

 

今では胎動も激しく、しっかり栄養指導もしていただいたおかげで、妊娠前より+4キロで、妊娠28週まできてます。

妊娠やのに、つわりが落ち着き痩せました(笑)

 

元気な赤ちゃんを産めるよう、残りの妊婦生活頑張りたいと思います!

著者:みー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。