妊娠・出産・育児の情報サイト


マタニティ用レギンス+いつものワンピースでOK!買い足しアイテムは季節にあわせて

f:id:akasuguedi:20160415132853j:plain

妊娠するといろいろと準備が必要ですが、多くの人が気になるのが

「お腹が大きくなってきたら何を着よう?」

ということではないでしょうか。

これまでに2回妊娠を経験している私も、最初の妊娠のときは、デパートに買いに行ったり、ネットで検索して探したりもしました。

妊娠中の楽しみの1つでもありますよね。

 

まず、

「やっぱりお腹がきついのは赤ちゃんにもよくないだろう」

と思った私は、マタニティデニムを購入。

お腹がゴムになって伸びるタイプのデニムを始めて見たときは、

「こんなのあるんだー!」

とテンションが上がったものでした。

でも、妊娠初期はお腹も出ていないし、まだ出番はなし。

 

代わりに大活躍だったのが、マタニティタイツ&レギンスでした。

タイツとレギンスであれば、フィットするので、お腹が出ていなくても問題なく履けます。

しかも、私はつわりがひどかったので、マタニティタイプであれば、締め付けを解消してくれて気持ち悪さも軽減。

妊娠が判明したのが、1月と真冬だったこともあり、お腹の伸びる部分が腹巻き代わりにもなり…と、とにかく履いていて快適なマタニティタイツ&レギンス!! 

つわりでしんどい時に、仕事である程度きちんとした格好をしなければいけない時も、本当に助けられました。

 

すっかりその履き心地が気に入った私は、季節が暖かくなってからも、レギンスと妊娠前から持っていたワンピース、というコーディネートで妊婦生活の大半を過ごしていました。

妊婦用のチュニックなども買ってもちろんそれもよく着ていたのですが、結局はもともと持っていた着慣れたワンピースで問題ありませんでした。

お腹が大きくなるにつれて、ワンピースがずり上がってしまう、という難点があったので、私は、長め丈のものを愛用。

どのぐらいお腹が大きくなるかにもよるかと思うのですが、私はこれで臨月までいけました!!

 

さて、冒頭でご紹介したマタニティデニムについてですが…。

私は8月が出産予定日だったので、6月ぐらいからようやくお腹が目立つようになってきました。

「よし、いよいよあのデニムの出番か!」

と思った頃には、もうすっかり季節は夏。

赤子を1人携えたお腹は本当に暑くてですね。

臨月が真夏ってこんなにしんどいのかと思うぐらい、もう本当に暑くて暑くて…。

デニムのような厚い生地のパンツを履く余裕がありませんでした…。

 

ほとんどワンピースに素足か、冷房で少し寒ければ薄手の短い丈のレギンスで過ごしました!! 

せっかく買ったのに、もったいない〜〜〜。

こちらのデニムは、春頃に出差予定だった友人にプレゼントして、たくさん着てもらいました。

そんなわけで、妊娠判明や出産予定日の「季節」によっても着るものが大きく異なるマタニティファッション。

やはり、焦っていろいろ買わないことが無駄を省く秘訣でしょうか。

楽しくなってついつい買っちゃうんですけどね。

f:id:akasuguedi:20160415132811j:plain

著者:野々山幸
年齢:36歳
子どもの年齢:3歳3カ月(娘)&1歳1カ月(息子)

ライター。芸能インタビューから美容・健康、恋愛、結婚、育児に至るまで、『女性が興味のあること』をテーマに書き続けて早15年。子どもたちが保育園に入園、2人育児と仕事の両立にてんてこまいな日々。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。