妊娠・出産・育児の情報サイト


私の誕生日に友人との遊びを優先した夫。私って何?との思いが湧き上がり、突然切り出した離婚宣言

f:id:akasuguope01:20160326130706j:plain

赤ちゃんが生まれて9ヶ月。
3時間おきの授乳が終わったかと思ったら、ハイハイで動き回って四六時中目が離せません。
一方、旦那は仕事が忙しく、毎日終電で帰宅。
土曜や日曜も会社に行く日が続き、家でゆっくりする日はありませんでした。
それでも午前中など会社にゆっくり出社できる日は、子どもと遊んでくれて、私に2度寝の時間をくれることもあり、育児に積極的な旦那でした。
しかし、毎日育児に追われて自由時間の少ない私は、少しずつストレスがたまっていたのだと思います。
もう少しゆっくりする日がほしいとか、もう少し手伝ってほしいとか、旦那への不満が少しずつつのっていました。

そんな中、私の誕生日がやってきました。
偶然にも日曜です。
いつもは仕事が入るのですが、この日曜は会社に行かなくてよさそうと1ヶ月前に旦那から聞いていました。
私は、ちょっといいランチくらい行けるかも、と楽しみにしていました。
しかし、誕生日の1週間前になって、旦那がその日に友人とサッカーしに行くと言いだしました。
誕生日なんだけどな・・・と少し複雑な気持ちでしたが、サッカーは日中だと言うので夜は家にいるんだろうなと思い、承諾しました。

私の誕生日。
旦那はさっさとサッカーに行ってしまいました。
私は、子どもとご飯を食べて、公園にでかけて、いつもと変わらない日を過ごしました。
しかし、夕食を食べて、お風呂に入っても旦那は帰ってきません。
結局、旦那は、サッカーの後飲み会にも参加し、帰ってきたのは終電でした。

子どもができて初めての誕生日、しかも旦那は仕事が休み、なのにいつも通りの日。
なんかむなしくなって泣けてきました。
そして、私って何?いる必要ある?と思い始めました。
いつも子どもと2人で過ごしているようなものだし、私がいてもいなくても旦那に変化はないのではないか。
離婚して子どもと2人で暮らしても同じようなものだし、旦那に期待せずストレスなく暮らせるのではないかと思いました。
そう思えば思うほど、旦那と一緒にいる価値がわからなくなりました。

誕生日の深夜、離婚してもいいという考えが頭から離れず、眠れませんでした。
電気もつけずにリビングで、悶々と考えていると、
旦那がトイレに起きてきました。
「どうしたの?」
暗闇でうずくまっていた私に聞いてきました。

「今日のことで考えていたのだけど、離婚したいと思ってる・・・」

と突然私が切り出しました。
「え?なんで?」旦那は明らかに動揺していました。

育児の手伝いはしてくれても、私のことは何も気にかけてないこと。
誕生日という特別な日に丸一日外に遊びに行ってしまったこと。
おめでとうの一言もなかったこと。
私は妻として一緒にいる意味がないと感じたこと。
離婚という気持ちが出てくるまでの経緯を説明しました。
説明しながら、涙があふれてきました。
泣きながら、一緒にいる意味が見出せない今は、夫婦でいる意味がないから離婚か別居をしたいと言いました。


旦那は何度も何度も「ごめん。一緒にいたい」と言いました。
離婚したいと泣く私と、嫌だという旦那のやり取りは夜が明けるまで続きました。

その後はと言うと、私は家出するあてがなかったため、旦那との同居は続き、話しかけてくる旦那を無視する生活でした。
しかし、旦那は私の無視にもめげず、家事や育児を率先して行い、ご機嫌をとろうと努めました。
旦那が手伝ってくれることで、徐々に私は精神的にも体力的にも調子が回復してきて、離婚は言いすぎだったかなと思えるようになりました。
結局、離婚はしませんでしたが、思う存分言ったおかげで元の仲のいい夫婦に戻れた気がします。

著者:あとり
年齢:35歳
子どもの年齢:2歳1カ月の女の子

1歳から保育園に娘を入れて、職場復帰。育児と仕事に奮闘中です。多忙で終電帰りの旦那とやんちゃなオス猫2匹と一緒に暮らしてます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。