妊娠・出産・育児の情報サイト


新生児黄疸は起こってもうろたえない

f:id:akasuguedi:20160502224240p:plain

出産時に子供が羊水を沢山飲んでしまい、分娩直後に吸い取りきれなかったらしく、乳やミルクを吐くばかりしたためか、血が濃くなって黄疸が出ました。

病院では目を隠されて光線を浴びる治療を何時間も行いましたが、なかなか下がらず、退院後も2日おきに検査のために産院に通いました。

日光にあてると良くなると聞き、ひなたぼっこしたりもしました。

その後、少しずつ良くなり、肌も元々の白い肌になりました。

 

最初はどうしようと不安になりましたが、良く有るそうなので、乳やミルクをしっかり飲ませる以外は病院にお任せして、改善を祈るしかないと思います。

 

ちなみにアメリカでは、退院時に治療器をレンタルしてくれるそうです。

産科勤めの友達は、光線治療を「ぴっかりん」と呼んでいて、うちの旦那さんも日サロと言ってました(笑)

著者:あやめ

ぎりぎり30代前半で初産でした。理系のため、検査などにはとても興味が有るタイプです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。