妊娠・出産・育児の情報サイト


まるでボクサー?!産後の腱鞘炎で両手首にテーピング。痛みがパッタリ消えた理由は…

f:id:akasuguedi:20160405222535j:plain

産後1か月ぐらいから、娘を抱っこすると左の手首が痛むようになりました。

「ズキッ」という痛みが日に日に強くなり、次第に「グキッ」という激痛に変化。

しかも左手をかばっているうちに、右手首まで痛みが現れるように。

当時、夫は月の半分は仕事のため家を明けていたので、誰も代わってはくれません。

しかも娘はどんどん成長し、どんどん重くなる……。

 

このままだといつか手に力が入らなくなって娘を落としてしまうのではないかと不安に駆られ、なんとか軽減するようにいろいろ試しました。

両手首にテーピングしたり、インターネットで手首サポーターを買いあさりました。

娘を夫に見てもらって整形外科に通い、温熱・電気治療を受けました。

サプリも毎日飲みました。

手首のツボにお灸もしました。

納豆がいいと聞き、毎日食べました。

しかし、痛みはまったく変化なし……。

 

手首サポーターには助けられましたが、根本的な解決にはなりませんでした。

しかもごついサポーターが両手を覆っているので、人からギョッと二度見されることもしばしば。

両手首をテーピングしていた時は、まるで試合前のボクサーのようでした。

娘は当時、長くても3時間しか寝てくれなかったこともあり、睡眠不足も相まって見るからに満身創痍、ヘトヘトでした。

 

いちばんきつかったのは、産後3~9カ月頃。

整形外科の医師に痛み止めの薬を勧められましたが、授乳中だったため飲めず。

さらに『なるべく手首を使わないように』などと言われましたが、産後の赤ちゃん抱えていたら、手首使わないとか無理でしょ!?

抱きかかえるのも、おむつ替えるのも、授乳するのも、何するにも手首を使うんですから。

 

ある日、雑談ついでにこの痛みを知人に相談したところ、

「大丈夫、大丈夫。もうすぐ痛くなくなるから」

と言われました。

は? もうすぐなくなる?そんなわけないじゃん……と内心思っていました。

が、産後10カ月ぐらいを境に、本当に痛みがパタリと消えました!なんで!?

調べると、腱鞘炎は産後の体のトラブルのひとつで、酷使しているから手首が痛むだけではなく、ホルモンバランスの影響も大きいんだそう。

私は産後10カ月で痛みが落ち着きましたが、個人差が大きく、人によっては1年以上かかることもあるとか。でも多くはこうして自然に治るみたいです。

女性の体って本当にミステリアスですよね。

f:id:akasuguedi:20160405222818j:plain

著者:ミラクル
年齢:40歳
子どもの年齢:3歳

母兼妻兼フリーライター。フリーランス10年目となる2011年秋に37歳で出産し、夫と子どもと猫の3人+2匹の生活に(最近さらに1匹追加)。妊娠中 にスマホに記録していた日記のデータがすべてトンでしまったので、体験記はほぼ記憶頼り。日記はバックアップをとりましょう(涙)。家では膝の上に必ず猫 か子どもがいるため、トイレすら気軽に行けないのが地味につらい毎日です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。