妊娠・出産・育児の情報サイト


スピード出産

妊娠39週6日、予定日の前日、夜中2じ頃からお腹の痛みがあり、前駆陣痛かもしれないので様子を見ていました。

というのは、その1週間前にも夜中にお腹の張りや痛みが定期的間隔であり、病院に朝方行って見ていただくと、まだ赤ちゃんが降りてきてなくて子宮口が開いてないので様子見になったという経緯があり、今回もそれかもしれないというのがあって、ギリギリまで様子を見ていました。

ただ2日前におしるしがあったので、お産がいつ始まってもおかしくない状況ではありました。

初産は陣痛が始まってから半日以上、約1日がかりというイメージもあり、出来ればリラックスできる家で極力いたいという気持ちもありました。

 

ところが痛みが増してきて、前回と比べても余裕がなくなりつつあり、病院に電話してすぐ受診しました。

NSTと内診で、陣痛はきているもののまだ子宮口があまり開いてないこと、夜中寝てないことも考慮すると体力がもたないかもしれないと医師に言われ、促進剤を打つ判断に至りました。

医師から後で聞きましたが、打っても夕方くらいに出産かなと思っていたようです。

私も主人も同じく今日中には産まれてきてくれるかなと思っていました。

 

ところが朝の7時に入院し、促進剤を打ってからは進行が早く、陣痛の痛みは耐えきれない痛みにすぐ変わり、破水し、嘔吐し、あれよあれよと昼の12時過ぎには分娩室へ移動しました。

後はいきめるということしか頭になく、3回目のいきみで産むことができました。

医師や助産師さんからは後に稀に見る上手ないきみだったと褒めていただきました。

 

主人は立ち会い希望で、陣痛の時はずっと腰をさすって励まし続けてくれ、母が来てバトンタッチをした後で、痛み逃しのテニスボールを車に取りに行ってる間に分娩室に移ったので、戻ってきて驚いたようです。

後で医師や助産師さんに聞いた話ですが、彼は分娩室に入った時から涙ぐんでいたようです。

産声を聞いて我が子を目にすると涙を流して喜んでいて、ありがとうとねぎらいの言葉をかけてくれました。

 

本当に陣痛の痛みは例えようのない、この世の痛みとは思えない痛みで途中くじけそうになりましたが、無事に産まれてきてくれた我が子の産声を聞いて、顔を見ると、全てが吹っ飛んでしまうものですね。

出産は命がけといいますが、本当にその通り、産まれてきた娘への感謝と同時に、産んでくれた母への感謝の思いが込み上げてきました。

 

一緒に頑張って産まれてきてくれてありがとう。

パパとママの元に産まれてきてくれてありがとう。

著者:ユメ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。