妊娠・出産・育児の情報サイト


授かるまで‥

f:id:akasuguedi:20160509203939p:plain

結婚して直ぐに授かると思ってました‥。

子作りをして半年、不正出血があり、病院を受診。

先生に「子供ができないんですけど‥」と話すと、内診してみますねと言うことで診てもらうと排卵してなかったようでした。

よくわからず先生と話して、基礎体温排卵誘発剤内服+タイミングで様子を見ました。

けど、授からず‥副作用?なのか薬を内服するとしんどい時もありました。

むくみも見られ、周囲に太った?と言われる事もしばしば。

産婦人科に行く度、子連れの親子を見ると自然と涙が出て、人が少ない時間を見つけて受診してました。辛かった‥

 

周囲は結婚後直ぐに授かるのに私は授からず…

赤ちゃんはまだなの?」

って聞いてくる職場の人‥ちょうど同じ時期に昇進したものの、そのぶんのストレスも大きくなり、生理が来るたび1人でたくさん泣いてました。

その上、主人の転勤。

両親(特に母親)にはよく当たってました。

なかなか今の現状を受け入れることができず、タイミングも合わなくなると主人にもあたり困らせていました。

自分でもおかしいと思うようになり、一度赤ちゃんのことは諦めようと治療を休みました。

そして仕事も辞めて主人の所に行こうと決め、一緒に暮らし始めました。

「いつかできる」

と思いつつ病院も通わず、1年ゆっくり生活をしました。

その間、全く赤ちゃんのことを考えなかったわけではありません。

身体を冷やさないようにする、ストレスを溜めないようにするなどいつでも授かれるように身体作りの意識はしていました。

 

それでもやはり授からず‥以前は産婦人科に受診していましたが、次に行ったのは不妊治療専門の病院でした。

この病院に来てる人達も悩んで来てる、同じように頑張ってる人達なんだと思うと気持ちを楽にして行けました。

主人は初めは拒否して話もあまり聞かなかった男性不妊の話も、時間をかけて説明し、一緒に受診してくれました。

主人にも原因がある事がわかりましたが、これで夫婦一緒に協力しながら妊活していこうと考え、できることは1つずつしていこうということで、夫婦で検査を始めました。

先生からは自然妊娠は難しいとの診断をされ、まずは人工授精を‥という話になり、可能性があるのならばと思い直ぐに人工授精をお願いし、実施することになりました。

ちょうどお正月だったため、親戚の子供達とたくさん遊んで、好きな物をたくさん食べて、よく笑って、友達ともよく遊んで生活していたためか人工授精した事を忘れていました。

気付くと生理が遅れていたため妊娠検査薬を試してみると‥線がくっきり入ってました。

今まで何度かした事があったのですが、見た事ない線で、えっ、えっ、えっ、本当?と思うばかりでした。

その後病院を受診し、妊娠していました。

 

今やっと安定期に入りました。

今授かって思う事は『私に限って』っていう思いが強かったため、授かるのに時間がかかったのかなぁ?と思います。

日常の生活では身体を冷やすような事、仕事のストレスをうまく発散できてなかった事、主人ときちんと話ができてなかった事(男性不妊にもある事を理解してもらうために上手に話ができなかった事)、自分の身体なのに何も労ってあげてなかった事かなぁと今では思います。

これから妊娠を考えてる方々にお伝えしたいのは、焦らず、いつか授かれるための準備期間だと思って妊活をしてほしいと思います。

著者:あーちゃん

妊活を3年しました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。