妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛から出産まで

f:id:akasuguedi:20160519112951j:plain

f:id:akasuguedi:20160516202043p:plain

予定日の前日、早朝に痛みで目が覚めました。

午前中、予定があったので主人と少し遠出をしたのですが、やはり陣痛と思う様な感じがしたので、病院に電話しました。

すると、

「出来るだけ早く帰って来て下さい」

と言われ、昼過ぎに帰って来ました。

主人が夜勤だった為、実家に泊まる事にしました。

午後7時前頃から痛みが10分間隔になったので、シャワーを済ませ、午後9時半に病院に行き、子宮口3㎝開いていて、陣痛が10分間隔であるのでそのまま入院になりました。

母親に付き添ってもらいました。

少し寝ようかと思ったけど痛くて寝れず、痛みを和らげる為に母に腰を撫でてもらったり、体勢を変えてみたりしました。

助産師さんに

「まだ産まれないの」

「分娩室はまだ」

「切って」

っと何度も言ってしまいました。

午前7時30分頃、主人が夜勤を終え駆け付けてくれ、顔を見て少しホッとしました。

でも痛みはピークに。

10時30分頃、やっと分娩室に移動。

何故か分娩台に乗ると痛みが少し弱くなってしまい、赤ちゃんが出るまでに2時間以上かかりました。

18時間の痛みに耐え、12時56分、3162gの男の子を出産しました。

産まれた瞬間、我が子を見て涙が出ました。

とても愛しく、幸せな瞬間でした。

出て来るまでに時間がかかってしまったので、お腹の中でうんこをしていました。

翌日の血液検査で感染症である事が分かり、GCUに入院になってしまいました。

点滴をされ、鼻から管を入れらている姿を見た時、涙が出ました。

「ゴメン!元気に産んであげれなくて」

と何度も我が子に謝りました。

代わってあげれるなら代わりたいと。

日に日に良くなり1週間で退院する事が出来ました。

もうすぐ1ヶ月になります。

育児は大変ですが、顔を見ると愛しくて疲れも吹っ飛びます。