妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠初期の流産不安に実母の理解無し

f:id:akasuguedi:20160516202043p:plain

妊娠4週で妊娠が判明。

とっても嬉しかったのですが、周りに流産した友人も居て、流産へのリスクを考えると周囲には安定期に入ってから報告しようと思いました。

ただ、近所に住む実母には、色々助けてもらうこともあるかも、と報告。

これが失敗でした。

周囲には言わないでね、と言っておいたのにも関わらず、

「めでたいことだから」

とその日のうちに父、祖父母、叔父、叔母、従姉妹に報告されていました。

流産のリスクを説明するも、意に介さず、

「そのときはそのときで報告すればいい、心配こそすれ誰もあなたを責めない」

と言うのです。

その心配が私にとって負担でしかないというのに。

結果は無事出産できたのですが、16週を越えるまでいらぬ心労でイライラ、ドキドキして過ごすことになりました。

著者:ちび

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。