妊娠・出産・育児の情報サイト


素敵な立ち会い出産

f:id:akasuguedi:20160519214843p:plain

私は最初、誰にも立ち会ってもらうつもりはありませんでした。

よく聞くのが、夫は出産を見てしまうと妻を女としてみなくなると。

確かに壮絶な出産現場。

すごく叫ぶだろうし、ボサボサ頭でスッピンで、幻滅されるとまでは思いませんでしたが、単に「見られるの、恥ずかしいな」と思ってました。

でもいざ妊娠してみると、そういうことはどうでも良くて、ただ、夫は怪我とか血が苦手なので、倒れられても困る、と思い、当然立ち会わないものだと思っていました。

 

ところが、妊娠後期になって、夫が立ち会うと言い出したのです。

「大丈夫?」と聞くと、「そのくらい平気だよ」と夫。

私もそのほうが心強いと思い、安心してその日を待ちました。

私は、陣痛が始まって一晩病院で一人で過ごしましたが、朝になって陣痛が遠のいてしまい、やり直しになってしまいました。

翌日の日中は普通に病院で過ごして、夜になり、再び陣痛が始まりました。

もうみんな帰った後だったので、朝まで一人で陣痛に耐え、そろそろかなという助産師さんの言葉で、朝、夫に電話をかけました。

出勤途中だった夫は会社に連絡して急遽、休みを取ってくれ、病院へ来てくれました。

その時、夫は近くに住む私の実家の母にも連絡を入れてくれ、母も一緒に病院へやって来ました。

 

二人が到着した頃に、陣痛も頂点に。

そして崩れ落ちそうになる体を助産師さんに支えられながら、なんとか分娩台に上り、出産スタート。

夫は手を握りながら、

「がんばれ、がんばれ」

と祈るように言い続け、私と一緒に

「ひぃひぃ、ふぅふぅ」

と言い始め、同じように苦しんでいる様子が少しおもしろかったのですが、突如、夫が

「大丈夫だよ、お母さんもいるからね!」

と。

「え?」

 

実は母は、

「娘の苦しむ姿は見たくないから、病院には行くけど立ち会いはしないよ」

と宣言していたのですが、後から聞いた話だと、助産師さんに背中を押されて流されるまま、あれよあれよと言う間に分娩台の横に立たされてしまったのだとか。

ものすごい痛みの中、私が周りを見回すと、確かに母の姿が。

私は母がいてくれるなら頑張れる(夫には申し訳ないけれど、母の方が心強い)と思い、とにかく時間のかかった出産でしたが、無事に娘を産むことができました。

私には実感が無いのですが、分娩台に上がってからがとにかく長かったらしく、2時間半もの間、ひぃひぃふぅふぅしていたそうです。

 

会陰切開、吸引分娩、と壮絶な痛みでしたが、赤ちゃんの顔を見た瞬間、そんなことはどうでも良くなるくらい、かわいくて愛しくて、そんな瞬間に、夫だけでなく母も立ち会ってくれて、贅沢な出産ができて幸せでした。

夫は、

立ち会い出産に迷っている男性にはぜひ薦めたい。奥さんがこんなに苦しんで痛い思いをして、壮絶な痛みに耐えて産んでくれたことは、絶対に知るべきだ」

と言っていました。

 

病院の先生も助産師さんも、若いのに本当に優しくて頼りになる方たちばかりで、出産にマイナスイメージは全くありません。

私は結婚も出産も遅かったので、もし一人目をもっと早くに授かっていたら、またこの病院で産みたいと思いました。

ただ、もう夫も母も「こりごり」とは言っていましたが(笑)。

著者:yu-ki

私39歳、夫36歳、娘2歳の3人家族

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。