妊娠・出産・育児の情報サイト


ピル服用中での妊娠

私は20歳頃から子宮内膜症を患っています。

そして、卵巣にもチョコレート嚢腫があります。一度は開腹手術で取りましたが、再発しました。

私はそれが原因となって不妊の可能性が高い、と若い頃から医師に言われていました。

なので、相手にも申し訳ないし、結婚も考えない方がいい、とすら思っていました。

そんな私にも結婚してくれる相手が現れ、無事にゴールイン。

子供はほしいけど、いないならいない幸せがある、という夫の言葉が温かく、それから3年間、私たちは子供のいない自由な時間を謳歌しました。

 

病気は少しずつ進行していました。卵巣のできものも徐々に大きくなっていきました。

そして医師のアドバイスで、再び治療を始めました。

ただ、生理を止める薬は、若い頃はその副作用にも耐えられたのに、35歳の私にはきつかったので、医師に相談し、もう少しライトな治療法としてピルを飲むことにしました。

もうこの時点で、年齢も年齢なので、子供は諦めました。

「その代わり、大人だけの楽しみ方をしよう、遊びまくろう」

という夫の言葉に支えられ、夫と海外旅行にでかけたりしていました。

 

ある日、夫といつものように遊びにでかけた先で、私は少しめまいがしました。

どことなく、景色がぐらんぐらんと揺れているような気がしました。

「疲れてるのかな?」というと、夫は不意に「妊娠じゃない?」と。

私は、ピルを飲んで治療中なのに、妊娠なんてするわけないと言いましたが、試しに検査薬を買いなさいと言われ、渋々買いました。

そして数日後にトイレで検査薬をためしてみると…見事に陽性でした。

 

病院で診てもらうと、間違いなく赤ちゃんがいるとのこと。

主治医も驚いていました。

正に奇跡の赤ちゃんでした。

 

私のように病気で妊娠が難しい方はたくさんおられるかと思います。

でも、私みたいなレアケースもあるので、私と同じ病気で子供を諦めている方には、こんな事例もあることを知ってほしいと思います。

著者:yu-ki

私39歳、夫36歳、娘2歳の3人家族

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。