妊娠・出産・育児の情報サイト


出血&切迫流産

f:id:akasuguedi:20160520133530j:plain

f:id:akasuguedi:20160519214843p:plain

妊娠がわかりすぐに病院に行きました。

嬉しい気持ちでいっぱいでした。

2ヶ月になったばかりとかなりの初期なのもあり、安定するまでは周囲に話さないでいようかと思っていましたが、すぐに夫の両親との旅行の予定があり報告することに。

 

報告したその日の夜に出血があり、翌日すぐに病院へ行き切迫流産と診断されました。

産院への紹介状も書いてもらい、その足で母子手帳をもらいに区役所へ行くも、

「もしだめだったらどうしよう」

「職場に連絡しなきゃ、今後どうしよう、申し訳ない」

と不安で、かなり気持ちが沈んでいました。

 

大丈夫、大丈夫っと自分に言い聞かせながら帰宅し職場へ連絡すると

「後はこっちでなんとかするから!!ゆっくり大事にして」

としばらく休みをいただくことができ、少し落ち着いたところで張り詰めていた気持ちが爆発し涙が溢れました。

 

産院へ数日後に行き、いざ診察してもらうと先生から

「特別な異常はなく赤ちゃんも大丈夫。だけど自然の摂理だからもしダメになってもお母さんのせいじゃないしこればかりはどうしようもない」

ということでした。

赤ちゃんが大丈夫にとりあえず一安心でした。

 

普段の生活をして大丈夫と診断もあり、仕事は1週間休んで戻ることができました。

出血がだらだらと続くため、不安を抱えながら仕事や毎回受診に行っていました。

その度にちゃんと大きくなっていく様子に安心させられました。

 

実家の母に相談すると、実は兄の時も私を妊娠したときと両方出血し切迫流産だったことを話してくれました。

でもこんなに健康に育ってるから大丈夫、と安心できる話を聞けました。

また、夫も心配し毎回受診についてきてくれ私が不安な気持ちをポロっというと

「うちの子だから大丈夫だよ」

と励ましてくれ、本当にありがたかったです。

 

つわりはあまりなく助かりましたが、出血は結局6ヶ月に入ってもでることもあり完全に止まったのは7ヶ月になった頃でした。

ようやく不安要素がなくなったかと思ったのですが、今度は逆子ちゃんに!

心配ばかりの妊婦生活ですが、胎動がかなり元気で最近は蹴られるたびに励まされてるような気分になります。

もしも逆子ちゃんのままで帝王切開になっても、元気に出てきてくれることが一番!と思いつつ、逆子体操毎日やって次の受診に備えてます!

 

もうすぐ臨月になります。

妊婦って案外大変だなぁ~お母さんってすごいと感じました。

周りにこんなに助けてもらって過ごせたことにも改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

著者:☆★☆

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。