妊娠・出産・育児の情報サイト


麻酔が効くより前に産まれる?無痛希望、高齢初産なのに進みが早すぎて…!

f:id:akasuguedi:20160510132614j:plain

f:id:akasuguedi:20160509203939p:plain

妊娠前は、スポーツ嫌いで大して運動もしてきていないし、体力も自信がないし、高齢出産だしと不安だらけでした。

でも実際は、つわりも軽く(食べづわりのみ)、胎児の成長も本の通りで、問題は便秘と腰痛というなかなか順調なマタニティライフでした。

ただ、安定期に入ってからは体重管理と体力作りのために、ヨガをしていました(唯一、好きなスポーツ)。

ヨガは、腰痛と足がつる予防や、股を柔らかくするのと、会陰に力を入れたり抜いたりするエクササイズがいきむのに役立ちました。

 

乳首や会陰のマッサージなど、病院から言われたこともきちんとやっていましたが、39週の検診の時に、先生から子宮が硬い、今のままでは予定日に産まれないと言われ、焦りました。

先生からは前からジャンプとマタニティビクスを勧められていて、

「早く産まれても…」

としないでいましたが、その日から始めました。

先生からはやっても意味がないとは言われていましたが、階段上り下りや足踏み昇降なども始めました。

お腹の子供にも、

「〇月〇日に生まれてきてね。すんなり生まれてきてね」

と話しかけていました。

 

結果的に、希望日に産まれてきました。

病院のマタニティビクスの教室に行き、安産のお茶と言われるラズベリーリーフティーを飲み、焼き肉とパイナップルを食べたら(最後の2つはジンクスですが…)、次の日の朝、おしるしが来ました!

検診の3日後です。

朝は様子を見ていて、昼頃また出血したので、焦って病院に行きました。

 

検診してもらいましたが、産まれそうではないと言われたので、その日に予定していたランチに友達と行きました。

ランチは2時ごろからだったのですが、レストランについた頃から、なんだか生理痛のような痛みが…、なんだか定期的に来ます。

(なんだろうな、これ?前駆陣痛ってやつ?)

と、そんなに気にせずランチを終えました。

 

ランチの後、みんなでお茶に行きたかったのですが、なんだか痛みが少し強くなってきたので、諦めて帰ることにしました。

「なんかお腹が痛いんだよね」

と言ったら、みんなに、

「えー!?陣痛じゃない?大丈夫?歩ける?タクシーで帰ったら?」

と心配されましたが、家は近かったし、大丈夫そうだったので、歩いて帰りました。

ただ、少しずつ少しずつ痛みが強くなり定期的にやってくるので、痛みが来たときは止まってやりすごしました。

しかし、動けないほどの痛みではありません。

トイレットペーパーを買って、帰りました。

 

家に帰って、妹(出産経験者)に

「なんか定期的にお腹が痛いんだよね」

と言うと、

「えー!?陣痛じゃない?」

と言われたので、時間を計って病院に電話をしました。

その時は15分間隔くらいだったと思います。

 

病院に電話をすると、

「まだ話し方が冷静すぎる、本当の陣痛だったらもっと切羽詰まっているはずなので、もう少し様子をみてください」

と言われ、まだ本当の陣痛が来ているとは思っていませんでした。

本当の陣痛だとこれから何時間かかるかわからないし、お腹が痛かったので、温めたら楽になるかと思い、お風呂に入りました。

この時点では、少しひどい生理痛のような痛みでした。

 

ゆっくりお風呂に入り、出ると、動けなくなるくらい痛みがひどくなりました。

そこで、病院に行きました。

車の中で「痛たたた…」と軽く悶えていました(8歳の甥っ子が隣にいました)。

 

20時半ごろ病院について、見てもらうと、すでに子宮口が7cmも開いていて、びっくりされました。

無痛分娩を希望していたので麻酔医を呼んでもらいましたが、陣痛の進みが早く、もしかしたら薬が効くより産まれるほうが早いかもしれないが、麻酔はどうするかと聞かれました。

痛かったので、初めの希望通りでお願いしますと言い、麻酔をしてもらいました。

麻酔が効くとすうっと痛みが軽くなり、

(これはいける!)

「妹も甥っ子もみんな立ち会っていいよ!」

と言えるまでになりました。

 

「あと10分くらいで産まれますよ」

と言われ、

「えっ!?早っ!」

と自分でもびっくりするくらい早い出産でした。

助産婦さんからは本当に初産ですかと驚かれるほど、息子はすんなりと生まれてくれました。

22時でした。

友だちはその頃、ちょうど映画を見ていたそうです。

映画を一本見ている間に産まれたので、大変びっくりされました。

 

ちなみに、無痛分娩用の麻酔は効くのに時間がかかりすぎて意味がないと判断され、帝王切開時などに使われる局部麻酔を使用されたようです。

すぐ効きましたが、次の日から1週間ほど副作用の頭痛に悩まされました。

仕方がありません。

すんなり産まれましたが、会陰が少し切れたようで、その部分は2週間ほどトイレの際に痛みました。

息子は3,286g、予定日5日前の出産でした。

著者:kottie

36歳の初産です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。