妊娠・出産・育児の情報サイト


シラけたボク、号泣の妻。"いかにも"なスライドショーへの反応に、妊婦さんの情緒を考える by 木下晋也

f:id:akasuguedi:20160518225758p:plain

f:id:akasuguedi:20160518230314p:plain


こんにちは、木下晋也です。

つわり、お腹の張り、足のむくみと次から次へと
襲ってくる体の不調に苦しめられながらも、
奥さんの情緒は基本的に安定していたように
思います。

 

特に長男コースケの妊娠時は、「これでキツくて
うんざりだった編集部との仕事を堂々と休めるぞ!」
(奥さんはフリーライターです)という喜びが大きくて
少々の苦痛など気にならないといった様子でした。

それだけに突然の号泣にはとても驚かされ、あらためて
奥さんは妊婦であり、普段の精神状態ではないんだと
思わされました。

本人としても、「出産が近づいて意識が高まっていた
とはいえ、あんなに号泣するとは思わなかった」と
振り返っていて、妊娠中のホルモンバランスの乱れは
周りはもちろん、本人にも気づかないところで起こる
もんなんだなということがよくわかりました。

 

奥さんがボクの横で号泣してから約5年。現在では
ボクが息子の横で映画版『ドラえもん』なんかを家で
一緒に見ながらよく目頭を熱くしています(笑)。

f:id:akasuguope02:20151007231552p:plain

著者:木下晋也
子どもの年齢:3歳と0歳

1980年大阪生まれ。2006年、「Comic ギャグダ」(東京漫画社)にて『ユルくん』でデビュー。2008年、8コマギャグマンガ『ポテン生活』で第23回MANGA OPEN大賞を受賞。子育てマンガ『おやおやこども』が好評発売中。現在、Docomoエンタメウィークで『マコとマコト』を連載中。趣味はプロレス観戦。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。