妊娠・出産・育児の情報サイト


穏やかに赤ちゃんを迎えられて幸せ!無痛分娩はメリット多し、選んで大正解でした

f:id:akasuguedi:20160418104148p:plain

初産の私は無痛分娩を選択しました。

私にとってはメリットの多かった無痛分娩、選択して大正解でした!

私の経験から考える無痛分娩のメリット、デメリットをお伝えしたいと思います。

 

メリット

陣痛中の痛みがない!

まずはこれに尽きます。

通院中の産院は、陣痛当日に無痛か普通分娩かを選べるところでした。

陣痛5分間隔に30分耐え産院についた私は、

「これ以上の痛みがずっと続くなんて耐えられないかも…」

と思い、無痛分娩を選択。

到着してすぐ硬膜外麻酔の処置をお願いしました。

 

麻酔が入ってすぐ、痛みが遠のくのがはっきり分かりました。

その後も痛みは全くなく、定期的な陣痛の張りのみが感じられました。

看護師さんも、

「今のうちに寝ててね~」

と言ってくれて、陣痛中は付き添いの母と一緒に仮眠を取れるほどでした。

母から、私を出産するときの話を聞いたり、昔話に花が咲いたり。

イメージしていた壮絶な陣痛とは違い、本当に穏やかに赤ちゃんを迎える時間を過ごせました。

今思い返しても、幸せな時間だったなあと思います。

 

・会陰縫合の痛みがない!

普通分娩を経験していないので比較できませんが、無痛分娩は硬膜外麻酔をつけたまま分娩に入るので、分娩終了まで麻酔がきいた状態がつづきます。

私は会陰切開こそなかったものの、分娩時にだいぶ裂けてしまったようで、縫合に時間がかかっていました。

その間も麻酔が効き続けていたおかげで、痛みは全く感じませんでした。

余裕すぎて、立ち会った夫と談笑していたほどです。

 

産後の体力回復がスムーズ

これも、普通分娩や帝王切開との比較はできないのですが、私の場合産後の体力回復は本当に早かったです。

陣痛中仮眠できたこともあり、出産した半日後から疲労感は全くありませんでした。

産後は縫合の痛みや乳房の張りなと、新たな痛みが次々出て来るので、出産の疲労感がないだけでもとても楽でした。

特に授乳に関しては、母側の体調やストレスも母乳の出に影響を及ぼすと聞きますが、私の場合はありがたいことに最初から母乳も順調であり、これも分娩時に体力消耗が少なかったことも一助になったのかなと思っています。

 

デメリット

・痛みには個人差がある

「無痛」とはいっても、麻酔の効きかたには個人差があるようです。

終始全く痛みがない人もいれば、逆に麻酔が効きにくく痛みが減らない人もいるようです。

私の場合、陣痛中は全く痛みがありませんでしたが、出産直前に骨盤が開く痛みだけは麻酔が効かず、2時間ほどは普通分娩と変わらない痛みに耐えたことになります。

 

・出産時いきみにくい

麻酔が効いていると、出産時のいきみがうまくできず、吸引分娩になる確率も多くなるそうです。

実際私もいきめず、最終的に赤ちゃんの心拍が下がってきたため吸引分娩となりました。

他にも、分娩時間が長引きやすくなることもあるそうです。

 

以上が、私の経験から感じた無痛分娩のメリットとデメリットです。

『痛みに耐えてこそ母』と昔は言ったそうですが、私にとっては痛みなく穏やかに赤ちゃんを迎えられたことで、さらに我が子への愛情が増した様に思います。

痛みのない、幸せな出産に満足しています!

これから無痛分娩を考えている方の参考になれば嬉しいです。

 

著者:バーバハハ

年中さんの母。ただいま第二子妊娠中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。