妊娠・出産・育児の情報サイト


立派に成長した運動会に感動!友達を思う長男の優しさに涙腺崩壊

f:id:akasuguope01:20160326160020j:plain

長男の発表会や運動会となると、私はいつも不安な気持ちで参加していました。
その理由は、出番になると毎回泣いて私から離れずに演技どころではありません。
1歳から保育園に入り3歳まで、1人でステージに立ったことなんてありませんでした。
そのたびに、主人やお姑さんからは「家でちゃんと練習させてないの?」
「他の子どもたちで泣いている子はいないよね」などと言われ続け、長男だけではなく親の私もプレッシャーを感じていました。

4歳になってすぐにある運動会、朝から気合いを入れてたくさんのお弁当を作りました。少しでもモチベーションをあげてほしくて、長男の好きなキャラクターのお弁当を仕込みます。
保育園に行く前に、「カッコ良いお弁当、たくさん作ったから頑張ってね!」などと声をかけるとにっこりして「うん!頑張る~!」とはりきって出発。
1年前とは違い、しっかりした足取りで保育園に向かいます。到着してからは後ろを振り返ることなくお友達の輪の中に入って行きました。
開会式がはじまりラジオ体操も上手にできて、いよいよ長男の出番を迎えます。

 

最初は、リズムダンス。私を見つけては手を振りながらしっかり自分のポジションで踊っています。同級生の輪の中で、一生懸命踊っている長男を見ると嬉しくて目頭が熱くなってきました。長男が初めて1人で最後まで踊れたことが嬉しくて、涙をこらえることができませんでした。

周りの保護者は誰もがにこにこしているのに、1人だけ涙目でメイクは崩れ保育園の先生方にも笑われてしまいました。

ダンスの後は、かけっこです。ピストルの音にびっくりして泣いてしまうのではないかとハラハラ。でも、そんなことありませんでした。意外にもトップで走って行く長男の姿。大声をあげて夢中で応援しました。

ところが、ゴール間近に後ろを振り向いた長男。突然、止まって逆走しだしてしまいました。


会場はどよめきます。
私も動揺し、冷や汗が流れてきました。

後ろを振り向いたら一緒にスタートしたお友達の1人が転倒していたのです。今、走ってきた道のりを戻り、転倒しているお友達を起こしました。お友達は泣きそうな顔で長男を見ると照れくさそうな表情を浮かべ、2人でじゃれ合いながらゴールを迎えました。


その姿を見た会場の人たちからもたくさんの歓声があがりました。
そんな長男の姿に感動して私の涙腺も崩壊。


行事のたびに、長男を他の同級生と比べると劣等感ばかり感じていた私。心配なんてしなくても、立派に成長してくれていました。

これまで感じることがなかった長男への安心感。それと同時に、私も母親としての自信も持てた気がしました。長男の4歳の運動会は私にとって、忘れられない1日になりました。

f:id:akasuguedi:20170515192241j:plain

著者:りけママ
年齢:28歳
子どもの年齢:長男4歳 次男0歳

毎日子育てに家事に追われていますが、子どもたちの笑顔に癒されます。大変ですが、楽しく明るいママでありたいと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。