妊娠・出産・育児の情報サイト


生まれる前から「パパ教育」

妊娠中期に入り、少しずつお腹が出てくるようになって、掃除の中でも「お風呂掃除」が困難になってきました。旦那は、食器洗いや洗濯物を畳むお手伝いは率先してやってくれていましたが、お風呂掃除は未体験。

出産後も、実家に帰らずアパートで2人で育児をする予定なので、これを機に「出来る家事を増やしてもらおう」と計画を立てました。

まず、一通りのお掃除グッズを買い、旦那へと相談。

「お腹が大きくて、お風呂掃除がしにくいから、お風呂掃除係りを任命していい?どのペースで、どんな風に掃除をするかはすべて任せる!絶対に口出しもしないから、お願いしていい?」

もちろん、旦那はOK!

早速、その日からお風呂掃除が始まりましたが、これが凄すぎる!!!

朝晩シャワーを浴びる旦那は、シャワー後にゴシゴシ聞こえてきます。

なんでも「お風呂に入る度に、毎日1分掃除をすればずっと綺麗のままだよね~」と楽しんでいる様子。しかも、ネットでいろいろ調べたようで「重曹」がいいとか、クエン酸がいいとか。「我が家にも重曹とクエン酸ってある?」探し出す始末。

もともと凝り性な性格なので、ほっておくとどんどんのめり込んでいきます!

今では、粉の重曹をお湯に溶かしオリジナルスプレーを作ってお風呂場を掃除したり、最近ではトイレ掃除までしてくれます。

これから、洗濯を教えて、後は簡単な料理を教えれば、産後も2人で乗り切れそうです。

著者:子豚のブー子

初めての妊娠です。沖縄の日差しに負けないような強い子を産みたいと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。