妊娠・出産・育児の情報サイト


鉗子分娩

f:id:akasuguedi:20160610170317p:plain

2016.03.31に出産しました!予定日は4/10でしたが、かなり早まりました。出産する2日前に検診に行った時は推定体重2900グラムでまだまだ産まれる気配はないからもっと動いてと言われました。

その日の夜に少量の出血があり次の日の夜中に破水しました。そして10分間隔で陣痛が始まり、朝まで我慢して9時に産婦人科へ行きました。破水してるし、子宮口が4、5センチ開いているので入院ですと言われて入院しました。

陣痛が微弱になってしまい、部屋でのんびり過ごしていました。夜中に5分間隔で耐えられないくらいの痛みになったのでナースコールして、陣痛室にいきました。子宮口がまだ4、5センチのままなので、10センチくらいになるまでは分娩室に行けないと言われました。かなり痛かったですが、旦那がずっとお尻を押したり手を握ったりして声もかけてくれました。心強かったです。

夜中1時過ぎに入って7時過ぎにようやく分娩室にいきました。分娩室に入ったらまた微弱陣痛になってしまい、2日寝ずに痛みに耐えてた為体力も限界でした。そして促進剤を打ちましたがなかなか微弱陣痛で頭も出てこないとゆうことで、先生が機械を取り出して頭を引っ張ってました。それでもなかなか出てこなくて何回もやるので、痛いのと怖いのと辛いので泣きじゃくってました。終わりが見えない気がしてすごく辛かったです。

なんとか頭が出たけど今度は体が引っかかって出てこない…泣きながら何回もいきみました。分娩室に入って1時間半ようやく産まれました。嬉しさよりも辛すぎてやっと終わったという気持ちのが強くてずーっと泣いてました。

産まれた時先生や助産師さんが、わぁぁおめでとうございます大きいねー!体重計るの楽しみと言って新生児の体重はかったら、3822グラム!推定体重より1キロ近く重くて頭も胸囲もかなり大きかった為に難産になったと言われました。でも無事に生まれてきてくれて本当によかったと思いました。

今は寝不足の日々で大変ですが我が子はとっても可愛いです。出産は本当に大変だけどすごいことだなぁと改めて感じました。優しくしてくれた助産師さんや旦那や家族には感謝でいっぱいです。

著者:みかりん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。