妊娠・出産・育児の情報サイト


ひどい食べづわり…

f:id:akasuguedi:20160610170317p:plain

念願の妊娠が判明し、喜びもつかの間。すぐにつわりが始まりました。まず、あらゆる匂いがダメ。醤油、肉や魚の焼ける匂い、炊飯の匂い、更には主人の匂いまで!近寄らないで~!という感じ。。

それから、異常にお腹がすくのに、何を食べても後味が気持ち悪くて食後はずーっと猛烈に気持ち悪い。でも吐けない。。でも、食べないと気持ち悪くてまた食べて…。いわゆる食べづわりだったのでしょうが、私のは何を食べても、まずい!なのに食べないと気持ち悪い…。そして太り、先生にも怒られるし、太っていく自分も辛い。一日中気持ち悪くて引きこもってました。外食は無理だし、お惣菜なんてもってのほか。何とか後味が楽だったのが、キャベツと小麦粉と水だけで作ったキャベツ焼きと、もやしと玉子とじ、すいか。これを毎日三食。先生も呆れてました。

そして出産が近づいて、たまたま食べたショートケーキが気持ち悪くならなかったのをきっかけに、毎日主人に頼んで買ってきてもらい、毎日ショートケーキをワンホール。お腹の子が欲しがったのかな。。出てきたのは女の子でしたが(苦笑)。

もう、 毎日気持ち悪くて何も出来なかったので、マタニティライフは全く満喫できないし、出産準備もできなくて、とにかく早く産んで楽になりたかったです。なんと産後一ヶ月まで、この味覚障害は続きました。おかげでその後はおいしく食べられる事の幸せを味わうべく、好きなものを好きなだけ食べるようになってしまいました(汗)。

著者:まぎん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。